« 16鞍目、落馬直視 | トップページ | 馬打峠越え50km »

クランクケースカバーのオイルシール劣化

数年前から続くXRのアイドリング不調の原因として、タンクと燃料フィルタを疑ってみた。
中身のガソリンを一旦捨てて、燃料コックとほぼ一体となったフィルタを取り出し、洗浄する。
フィルタの根元に多少のゴミは引っ掛かっていたが、原因とは思えないほど少ない。
組み上げて試乗に出ると、予想通りに改善していない。

キャブは掃除しただけだから、徹底的にバラして、最悪ASSY交換かな。
と、エンジンを覗きこんでいたら、オイルの滲み発見。
クランクケースカバーのオイルシールが劣化したか。。。
これまた中途半端に面倒なところだ。

クラッチ交換のときに作業は経験済みだが、もうそのときの若さは無い(笑)
Pa100002

|

« 16鞍目、落馬直視 | トップページ | 馬打峠越え50km »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 16鞍目、落馬直視 | トップページ | 馬打峠越え50km »