« 寄居&小川ポタ | トップページ | プリウスタクシー »

エクスのオイル交換価格を振り返る

毎度の新春キャンペーンを利用して、エクスのオイル交換を実施。
今回は、前回より価格が安い。
¥3,000→¥2,300に下がっていた。

そういやオイル交換価格は、エクスを買ってからの10年間、どのように推移したのだろう。
記録を元に、グラフ化してみた。
エクスは2001年購入だけど、初回と2回目はサービス価格や12ヶ月点検と併せての価格なので、載せていない。故に、2003年からのデータとなっている。

Ex_oil_4

見事に世の中の景気と連動してる。
2006年~2007年はキャンペーンを実施していた記憶が無いから、本当に景気が良かったのだな。
自分も、転職が(一見)成功したし。

2008年のリーマンショック以降は、2003年~2005年より1.5倍高いというのも興味深い。
2003年に2兆円の有利子負債を全額返済したということから、2005年までの価格はギリギリの利益設定、あるいは集客のための広告費と考えていたのではないだろうか。
2008年までに体力が蓄えられた結果、リーマンショックを乗り越えることが可能となり、日産としては少なくとも2005年以前ほどの危機ではないということかな。

ところが、今はその2005年以前の水準に近付いている。
減税特需も消え、集客に必死なんだろうなあ。
新しい需要としては電気自動車と新興国頼みらしいから、日産本体はともかく国内販社は厳しそうだ。

注1)矢印で示した3回はフィルタ込みの値段なので、実際は¥1,300くらい安い。左端のコブは、実質価格¥3,000くらいで、11月だからキャンペーン価格ではない。1月や8月はキャンペーン価格でグラフは平坦になったはず。
注2)オイル交換価格は販売会社の設定だろうから、日産本社の財務と直結はしていないと思うけど、まったく無関係とも言えないよね?
注3)このグラフを日産本社の営業利益,原油価格,消費者物価指数,日経平均株価と重ね合わせるともっと深く正確な考察が可能だろうけど、面倒なのでしない(笑)

|

« 寄居&小川ポタ | トップページ | プリウスタクシー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寄居&小川ポタ | トップページ | プリウスタクシー »