« 二気筒を受け取りに | トップページ | ビッグオフ選定基準 »

V-ROD専用工場のドキュメント

Gyaoで「世界の巨大工場 ハーレーダビッドソン」を見た。

V-ROD専用工場の内部を映した、ドキュメントだ。
敷地面積が40,000m^2と言ってたかな。建屋内を3輪自転車で移動してたのが、少し可笑しい。日本だと敷地内は自転車使って、建屋内はバッテリー駆動のモートル(←呼び名は様々)だからね。

このテの番組にありがちな「熟練した者しかできない」「すごく苦労したよ」みたいなセリフが多いが、溶接からシール材の塗布までロボットがやたら多くて、
「その溶接ロボット、川重製なんぢゃないの?」
と突っ込まずにはいられない。
実際ロボットメーカーはドコ製なのかワカランけど、ファイバースコープはオリンパス製。

アメリカだなあとシミジミ感じたのは、従業員もマシンオーナーもデブ多し。ホント、深刻そう。

部品は、日本車より自社生産が多いように見えた。
フロントフェンダー加工するだけの、大きなプレス機があったりして。

ガソリンタンクの模様の塗装が、興味深い。
ベース塗装が施されたタンクに、スタンプのようにポンとファイヤーグラフィックがあっという間に塗装される。版画や反物の色付けみたいで、印刷に近い。

最後に驚かせられたのが、出荷前の走行テスト。
公道走っちゃってますよ。
テストコース持ってないのか?
事故の危険が皆無なほど、交通量少ないのかなあ。

|

« 二気筒を受け取りに | トップページ | ビッグオフ選定基準 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二気筒を受け取りに | トップページ | ビッグオフ選定基準 »