« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

YZF-R1に採用された冷却水配管加工技術

日経ものづくり2011年6月号に掲載されていた記事に、参考になる数値が記されていたので、書き留めておく。

従来の炭素鋼鋼管を樹脂製に変更し、軽量化と製造コストの減少を図るという。
樹脂の加工方法は、「RFM成形法」というRP東プラの技術。
BMW,VWの4輪で実績あり。

[材質] STKM → PA(ガラス繊維30%含有)
[製品質量] 400g → 150g
[CAE条件] 温度135℃,圧力0.5MPa
[CAE結果] 最大応力13.6MPa,最大変形量3.24mm
[材料の引っ張り強さ] 13.6MPaの5倍=68MPa以上
[コスト] 7万個/2年 生産する場合、10%削減可。
[寿命] 車体本体とほぼ同じ。

以下、思ったこと。

・寿命に関しては、額面通りに受け取って良いのかわからんな。
記事からは、寿命に影響する因子としては「熱変形の繰り返し」だけの話のように聞こえる。紫外線による劣化を含んでの発言かどうかは、不明。

・「車体本体の寿命」とは何年なのか。いくらR1でも、10年ということはあるまい。20年くらいか?

・CAE条件が0.5MPaということは、通常の使用条件では0.3MPaくらいかな。あの、エンジン停止直後にラジエータキャップを開けたとき(ホントは厳禁)の「プシャー!」が0.3MPaなのか?

・温度135℃というのは、想定される使用条件ではそれ以上上がらないということなのか。エチレングリコールの沸点(197.3℃)を、そのまま採用するというのは乱暴か。
「外気温+エンジン発生熱量×安全率」で想定して、あとは経験(実験測定値)と照らし合わせるのかな?

・コストについては、従来必要だった周辺部品が一体成形で不要になるということで、材料そのものはSKTMに比べて高価だという。
それにしても、7万個で10%減というのは。。。自分の仕事にはやはり向かないな。
いや、この部品のコストだけ(軽量化による付加価値は別にして)で考えると、ヤマハがR1を7万台売らないと
採用した価値が無いということか。損益分岐点はもっと低い値になるとしても、だ。
ヤマハの2010年度国内新車販売台数(250cc超)は、7067台。簡単にはペイできない。EU・北米市場で売りまくらないと。

| | コメント (0)

F800GSで使用する工具サイズの調査

杞憂が現実となってしまった。
爆安工具で、ボルトの差込穴をナメてしまったのだ。
Dscn3373
しかし、あながち工具のせいとも言い切れない。
ボルトのサイズから想定される締め付けトルクを見誤り、モーメントアームの短い工具を使った自分の非が大きい。
最近は「安い工具でもソコソコ使えるぢゃん」という機会が多かったから、油断してたな。

ともかく調査リストを参考に、実績のあるメーカー品を買うことにした。
で、昨日届いたのが、コーケンのビットセットRS3025/8-L50。
差込角3/8”(9.5mm),全長50mmのタイプ。
価格は、¥6,000弱(ネットで異様に安かった)。
Dscn3391

既に持っている23cmのストレートハンドルと合わせると、簡単に緩んだ。ちなみに、爆安L型レンチの長さは14cm。
Dscn3392

ボルトの差込穴の縁は破壊されたけど、締結はできそう。
ボルトは、何かのついでに発注して交換だな。

最後に、車体のボルトと工具の適合サイズを確認しておく。
今回買ったビットセットは、T10,T15,T20,T25,T27,T30,T40,T45のセット。
見える範囲のボルトにビットを当てていったら、T15,T27は使わないことが判った(T27か?と思ったらT30が正解ということ多し)。

そして、セットにないサイズで必要なものは、T50。
おそらく、これが最大サイズ。
但し、これはフレームとシートレールの接合ボルトなので、当面は使わないだろう。

さて、T型(六角穴付ボルト相当)は一段落したので、次はE型トルクスレンチ(六角ボルト相当)を揃えねば。

| | コメント (0)

合議制山梨ツーリングwith同僚3人

今回は、合議制を採用した。
言いだしっぺの自分が集合日時と場所を決めただけで、ルートは会ってからその場で決めた。
集合場所の道の駅はなぞのでは、雁坂トンネル越えて、次の休憩場所を道の駅三富と決めただけ。
そこまでは、R140と県道を織り交ぜて楽しんだ。
ループ橋でクルマに引っかかって、想定したペースで走れなかったことが残念。

道の駅三富には、F800Rが停まっていた。
駐輪場から離れたベンチで休んでいたとき、そのアイドリング音にドキリとした。
同じエンジンのため、F800GSと同じ音なのだ。
特に気にも留めていなかったが、1,000kmも走ると自分のエンジンの音はカラダに染み込むのか。

次の目的地は、BMWの先輩・C君の提案により、マンズワインの工場となった。
工場といっても、見ることができる場所は資料館と地下の倉だけだが。
工場へ向かう途中、「マルスワイン」という聞いたことのない名前の看板を見て、非常に気になった。マイナーなモノに弱いのだ。

昼食は、またしてもC君の提案で、サッポロワインの勝沼ワイナリーガーデンで。ワイナリーそのものはリニューアルのため、見学休止中。
メニューは、パエリア組とジンギスカン組に分かれた。
パエリア組は惨敗。。。ジンギスカンの方がボリューム・味共に良かったようだ。

復路は冴えないが、往路を戻ることに。
途中、西沢渓谷でまったり。
新緑がまぶしすぎて、気持ち良い。
木陰にコットンベッド置いて、昼寝したい。
Dscn0451m
あっという間に15:00過ぎ。
往路とは別の県道とR140を組み合わせ、渋滞知らずに18:00自宅着。
本日の走行距離は、230kmと短かい。

珍しく買ったおみやげは、スパークリングワイン。
一度、きちんと作られたものを呑んでみたかったのだ。
Dscn0465

| | コメント (0)

ヘビロテ動画

仕事から帰ってメールチェックしたあとは、必ずコレ。
perfumeがこんなにイイとは。

| | コメント (0)

グローブしようよ

最近、気になることがある。
直接目にする道路でも、雑誌でも、YouTubeなどの動画でも。

グローブしてないヒト、多すぎ!

他のカッコはキマってるから、すげえ違和感。
グローブすることがダサイと思ってるのかなあ。

あるバイク系サイトで「楽しくバイク走らせてカッコイイ!」と紹介されていた動画が、しっかりと素手だったときの残念さときたら、もう。。。

上半身がペラッペラのロンTでもグローブしてれば、「基本を抑えたユルさ」でイイと思うんだけどな。

| | コメント (0)

F800GS初回オイル交換

1,000km点検とオイル交換を、ディーラーに依頼した。
整備記録簿には、1,000km点検工賃は無料(交換部品,油脂類は別)と記してある。
つまり、メーカーか日本法人としての規定というわけか。

交換部品と価格は、以下の通り。
オイル2.9L ¥5,800
エレメント ¥1,900
ドレンボルトのガスケット ¥150
合計 ¥7,850

工賃入れたら、1万近くするのだろうな。

オイルは、MOTUL 5100-4T。
指定をしたわけではなく、選択も問われなかった。
帰宅後に調べてみたら、ネット通販と変わらない価格だったので、不満は無い。

エレメントは、やっぱ高いね。
XRやKLXは¥1,000以下だったからね。
でも、想定内だし、偶然ネットで見たトライアンフ・タイガーも同じ価格だったな。

ガスケットは、想定外だった。
オイルに含まれてると思ったが、きちんと明細に記されているのだから、良心的といえば良心的か。
ま、ホームセンターで買うと3個セット¥120だから、ディーラーならこんなものでしょう。

点検結果は、異常無し。
チェーンのみ、初期伸び分を調整しただけ。

| | コメント (0)

36鞍目、他人のせいにしたくなる

「咬み癖注意」
馬房には、このような張り紙が貼られていた。
。。。素人に、こういう馬を割り当てて良いのか?
それとも「あの人も慣れてきたから平気ぢゃね?」と思われたのか。

覚悟を決めて中に入ると、確かに咬む素振りを見せる。
すかさずペシッ!
ムチの次はアメ、優しく近付くと大人しく頭絡を付けさせてくれた。
これだから、馬はかわええです。

今日のレッスンは、3人で。
よく見かける二人組と一緒。
少し嫌な予感。

最近は、常歩から駈足まで一通りやるパターンが多い。
「馬場を走るだけの基本的な動作は教えたから、あとは思い通りに動かせるまで精進しろ」っていうカンジ。

で、二人組みの片割れが問題。
すぐ馬を止めてしまう。
最後に着いた私も、つられて止まる。
この二人、腕に差があり過ぎなんだよな。

イントラも見かねて、私を2番目に着かせた。
これで思い切り駈足ができる!
と、思いきや動きが鈍い。

結局自分のせいか、と反省させられたところでレッスン終了。

| | コメント (0)

F800GS 1,000kmターマックインプレ

今日、埼玉・群馬の峠を含めた250kmを駆け巡り、慣らしが完了した。
この段階での、感想を記しておく。
なお、慣らしにより5,000rpmまでしか回していないこと、比較対象は前車KLX650であることを留めておく。
1001km
・試乗車と比べて、シートの角が内腿に当たらなくなった。こっそり改良された?

・タイヤも噂と異なり、チューブレス装着。ショップに聞いたらチューブタイプも履けるとのことなので、これもこっそりホイールごと変更か?

・ハンドルの左右に配置した、左右独立のウインカーは激しく使いづらい。右側には、ウインカー点灯スイッチとウインカーキャンセルスイッチが付いている。
右手は繊細なアクセル操作してるのだから、余計な仕事させるな。
これを「人間工学に沿って作られている」などと雑誌に書いたバカ編集者は給料返上しろ。

・以前も書いたけど、燃費は激しく良い。25km/Lは助かる。300km/日の下道ツーリングでは無給油が可能。

・ネットで、「エンストする」という書きこみを読んだことがある。私も、2回ほどエンストした。しかし、これは車両のせいではなく乗り手の問題だと思う。事実、選択したギヤに適切な回転数を回すよう心がけると、エンストは起きなくなった。

・エンジンに不満はない。自分の望む速度域まで、すぐに連れてってくれる。同じ排気量の2気筒と変わらないとは思うが、中低速トルクの出方はオフロード的かも。

・オンロードタイヤを履いてるせいか、曲がりやすい。通常のロードスポーツやSSに比べると当然曲がりにくく、F21インチなりのきっかけを作ってやる必要があるが、リーンする感覚は素直で、2気筒エンジンが思い通りのトルクを維持することを助けてくれる。

・意外とUターンが簡単だった。調べてみるとキャスター角が小さいから、そのせいか。

[F800GS]
キャスター 26°
ホイールベース 1578mm

[KLX650]
キャスター 28.5°
ホイールベース 1510mm

・舗装路面のわずかな段差に反応した、ハンドルに伝わる衝撃が意外と大きく、ブレーキング時のフロントフォークの沈みこみも小さい。「オフロードバイク」と謳うにしては。
衝撃は、タイヤをオフに代えたら改善するか?

・車体をざっと眺めたところ、ウインカー以外にエンジニアリング的におかしなところは無いように見える。
KLXは岩にヒットしそうなキャリパー下側に鋼管のフロントブレーキラインを引き回してあって、「これはイカンだろ」と設計者に問い詰めたくなった。幸い破損する事態は起きなかったが。

・金属や樹脂の加工表面も悪くない。低品質な製品は、溶接のビードやメッキのノリなどである程度判る。
そういえば安い工具だと焼き入れの模様を塗装で現わしていて、コゾーがダマされているのを見たことがある。

・車載工具が異常に少なくて、少しがっかり。BMWは充実していると聞いたが、それは昔の話らしい。

ということで、現在点数を付けるとしたら
1.高い設計思想の割りに、品質(まだ私が体験していない、他人のトラブル体験から想定したもの)が追いついていない。
2.日本法人の、同胞をバカにした価格設定。
をそれぞれ-10点して、80点を付けておくか。
Dscn3387

| | コメント (2)

35鞍目、「手綱だけで」というのは終わっていた

今日注意されたことは、大まかに言って以下の2点。
1.手綱を柔らかく持つ。馬が首を振ったら逆らわないで、肘から下を前後に引いて手綱をピンと張るように調整する。
2.曲がるときは、脚を使って。外側の脚を、馬体の後ろに押し込む。

初めたばかりの頃は曲がる方の手綱を開くことによって、つまり手の操作だけで曲げていたが、これからは脚を使えと。
どうも、手綱だけで曲がる課程は終わっていたらしい。

最近の尻皮ズルムケは、今週は無し。
駈足の時間が短かったこともあるけど、意識して鞍のいちばん凹んだところから尻を動かさずにいたことも良かったのかも。
でも、そうすると「どっかりと座らないで」と言われた。
たぶん意味が違うとは思うのだが、はっきりと自覚したのは「カラダ硬すぎ」ということ。
姿勢を注意されて、直そうと意識すると、もうカチコチ。
どうすりゃイイんだか。。。

| | コメント (0)

箱の実物確認

先週シートバッグに乗馬用ヘルメットを入れようとしたら。。。入るには入ったが、かなりキツい。
もう何も入らない。

デイパックに入れて背負っていくか。
短時間ならいいけど、その後走りに行く時に激しく邪魔なんだよな。
肩こるし。

残るは、禁断の「箱」か。
どのメーカーも、トップケースという名前で通じるらしい。

シートバッグを大きいものに換えるか、トップケースを買うか。
実物を見るだけ見てみよう。
つーことで、午後は仕事休んでナッ○スへ。
途中、農道と川が交差する土手でランチを摂りながら。
Dscn3379

まずは、シートバッグを物色。
ちょうど良いサイズが無い。
GW前に売り切れたか。

トップケースは、GIVIの24Lと36Lが外見が大きすぎずに良いかな。
24Lの内部を確認すると、ロック機構部分が内側に出っ張っていて、ヘルメットは入らない模様。
36Lは、余裕で入る。
買うなら、30L以上を考えるか。

ナンだか見ているうちに、どうでもよくなってきた。
どうしても必要ってワケでもないし。
トップケースは高いし、固定方法に不安があるし。

で、結局MXグローブ購入。
ちょうど良いサイズが、¥3,000を切る価格だったから。
Dscn3381

| | コメント (0)

F800GS社外品メーカー・販売店のリンク集

ブックマークに溜まってきたので、整理しておく。
すべて海外サイト。

aeroflow
主にスクリーンの、アメリカの樹脂部品メーカー。

altrider
ガード,キャリア類。

adventuredesigns
ツーリング用品が多い、アメリカの販売店。
日本の風魔か、昔の川崎ラフロに似た感じ。

bikebandit.com
アメリカの部品商。
純正パーツリストが閲覧可能。

buybits
イギリスのGPSマウントショップ。

ceebaileys aircraft plastics
アメリカの樹脂パーツ屋さん。
ヘッドライトの保護フィルムっぽいモノが載っていたので、チェックしておいた。

sw-motech
日本でも有名な、ドイツの用品メーカー。
ガード類とかパニアケースとか。

gezagear
ストレッチ素材を使ったバイクカバーのメーカー。
バイクがレオタード着せられたかのような画像は、少しキモい。

wunderlich
ここも有名な、ドイツの用品メーカー。
F800GS英語版カタログのダウンロードはコチラ

nippynormans
何と発音して良いかわからない、イギリスの用品屋さん。
まだよく見てないけど、取扱いメーカーが多くて、日本へ発送可能みたいだから載せておく。

webbikeworld
最後に部品関係では無いが、仕様(パワーカーブ含む)やスケルトンモデルが載った、F800GSの詳細情報サイトを見つけたので、張っておく。
「公正な購入のための情報提示」みたいなことが書いてあり、察するにコレはバイク版「暮らしの手帖」だろうか。
とりあえず、あとで読む。

| | コメント (0)

F800GS購入費用

GWは、夏休みと合併してしまった。
この隙に、F800GS購入費用を晒しておく。

購入した車両は、ABS,グリップヒーター,センタースタンド,オンボードコンピュータ(多機能メーター)が付いていない、Active-Lineという廉価版。
高価なHi-Lineとは、20万円の差がある。
欲しいと思わせるオプションはABSだが、20万かけてまではイランわな。
バネ下1.5kgも重くなるし。

ということで、払った金額は以下の通り。
車両本体 ¥1,344,000
メーカーオプション ¥60,000
諸費用(自賠責3年含む) ¥90,000
値引き▲ ¥60,000
合計支払金額 ¥1,434,000

6万かけたオプションの内訳は、
アンダーガード ¥38,000
ハンドプロテクター ¥22,000

ちなみに値引き交渉は、一切無し。
値段を聞いて、「んじゃ買うわ」とカモネギな漢らしさで即決。
交渉ごとが得意な人は、もっとつついてやればヨロシ。

今回2店で見積り取ったが、価格に差は無く。
差があったのは、ちょっとしたサービスだった。
一方は全車種掲載のオプションカタログをもらえたが、もう一方はwebを編集したチラシのようなもので、知らない人が見るとオプションはごく限られたものしかないように思うだろう。姑息な。

また、買わなかった店はセールストークがいやらしかったのも決め手だ。詳細は憶えてないし、買った店の営業も下手だったが、コイツは信用できないなと感じたことが大きい。

それから、上記の他に盗難対策費用が結構かかった。
盗難保険 ¥50,000/年
鍵・錠の類 ¥10,000

鍵・錠はバイク用品屋に売ってるものではなく、ホムセンで揃えられるもので小細工したから安く済んだ。詳細は、書けないけど。

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »