« F800GS社外品メーカー・販売店のリンク集 | トップページ | 35鞍目、「手綱だけで」というのは終わっていた »

箱の実物確認

先週シートバッグに乗馬用ヘルメットを入れようとしたら。。。入るには入ったが、かなりキツい。
もう何も入らない。

デイパックに入れて背負っていくか。
短時間ならいいけど、その後走りに行く時に激しく邪魔なんだよな。
肩こるし。

残るは、禁断の「箱」か。
どのメーカーも、トップケースという名前で通じるらしい。

シートバッグを大きいものに換えるか、トップケースを買うか。
実物を見るだけ見てみよう。
つーことで、午後は仕事休んでナッ○スへ。
途中、農道と川が交差する土手でランチを摂りながら。
Dscn3379

まずは、シートバッグを物色。
ちょうど良いサイズが無い。
GW前に売り切れたか。

トップケースは、GIVIの24Lと36Lが外見が大きすぎずに良いかな。
24Lの内部を確認すると、ロック機構部分が内側に出っ張っていて、ヘルメットは入らない模様。
36Lは、余裕で入る。
買うなら、30L以上を考えるか。

ナンだか見ているうちに、どうでもよくなってきた。
どうしても必要ってワケでもないし。
トップケースは高いし、固定方法に不安があるし。

で、結局MXグローブ購入。
ちょうど良いサイズが、¥3,000を切る価格だったから。
Dscn3381

|

« F800GS社外品メーカー・販売店のリンク集 | トップページ | 35鞍目、「手綱だけで」というのは終わっていた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F800GS社外品メーカー・販売店のリンク集 | トップページ | 35鞍目、「手綱だけで」というのは終わっていた »