« 37鞍目、再び障害物出現 | トップページ | 体力測定 »

F800GSにガーミンのGPS・etrexをマウント

ガーミンのGPS・etrexをF800GSに取り付けようとハンドル周辺を観察したら、XRのようにミラー周辺に取り付ける場所は無かった。

唯一在るのが、ハンドルのクランプ2箇所に挟まれた場所。
しかし、そこの直径が28.5mmくらい(ノギスではなく、メジャーで円周を測って割り出した)と大きい。

マウントは直径1インチ(25.4mm)チューブに適したものしかないのでは?と疑いつつ探したら、あっさりamazonで見つかった。

それが、型番1049600のハンドルバーマウントブラケット用大口径アダプター。
25mm-32mmに対応させることができる、と謳っている。
価格は、¥2,100。

取り付けには、GPS付属の専用裏蓋が必要だが、マウント自身はプラスネジ1本で固定が可能。
但し、GPS本体を付けるとビスが隠れてしまうので、角度の調整はほんの少し面倒。
Dscn3413
F800GSの場合、手前のイグニッションキーカバーと干渉するので、角度の自由度はまるで無し。
Dscn3414
晴天の日は、太陽光が反射して見辛そう。
適切なライディングポジションから頭を動かすか、手で遮光してやるか、何らかの対策が必要かと。

XRのマウントは、単気筒の振動を受容できるもとのは言いがたく、時々取り付けネジを増し締めしてやる必要がある。
その点、今回購入のマウントは重心が適切な位置に付けることができ、振動の問題は無さそうだ。

しばらくはこれでガマン、だな。
どうしても見辛いなら、RAMの導入を考えようか。

|

« 37鞍目、再び障害物出現 | トップページ | 体力測定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 37鞍目、再び障害物出現 | トップページ | 体力測定 »