« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

F800GSネガティブインプレ

前回のインプレに書き忘れたことを記しておく。
欠点と言うほどではないが、乗り手によっては欠点と訴えるだろう、ネガティブな面を。

●アイドリング時に聞こえるメカノイズが五月蝿い。
ドカほどではないけど、排気音が静かだけに余計気になる。
でも、たぶん最初だけ。自分は、もう慣れた。

●ニュートラルから1速に入れると、ガチャンとショックが大きい。
まるでカワサキみたい。前所有車がホンダだと、不安になるのではないか。
音だけで判断すると、このミッション早いうちに壊れるんぢゃねーの?という感じ。
走行中のシフトアップも、少し気を使う。入りにくい、というワケではないのだけれど。

●アクセル戻したときに、パンパンと音がする。
アフターファイヤっていうんだっけ、こういうの?
いつもではなく、たま~にだから対処に困る。
とりあえず放置中。

●電源出力が、Hella Plugという特殊なソケットを使用せねばならないこと。UKで数ポンドで売ってるものが、日本では¥2,000超。
輸入品だから仕方がない、といえばそれまでだが。

。。。書き出してみたけど、たいしたことないな、こりゃ。
タイヤ換えてダート走ったら、出てくるかも知れんが。

| | コメント (0)

38鞍目、雨中に馬チェンジ

雨の予報のせいか、客は数名。
馬装してたら、大粒の雨。
着替えは用意してあるので、かまわず馬場に出る。

ところが、馬の歩き方がおかしい。
馬房から連れ出すときも、ヨタヨタしていて変だなと思っていたが。
イントラ氏に指摘され、馬チェンジ。

次の馬は、以前になかなか駈足が出せなかったヤツ。
今回駈足は出せたものの、すぐ止まる。
合図を頻繁に出さなくてはいけないので、忙しい。

3週間ぶりのレッスンは、軽速歩もリズムに乗れず。
やはり、レッスンは毎週受けねば。
カラダに染み付いていない証拠だからな。

ところで、今放映中のNHK「チャレンジホビー」の乗馬編は、テキストがとても良い出来。
今まで3冊似たようなものを買ったけど、¥1,000という価格でここまで充実しているものは、初めて。
これから始める人は、コレだけ買っておけば良いかと。

| | コメント (0)

ツアークロス2に買い換えた

右側が購入した2。
Dscn3424
Dscn3425
サイズは今までのMではなく、Sにした。
頭のサイズは「Sに近いM」だと思い込んでいたが、マジメに測るとピタリ56cm、Sだったのだ。

競技専用にと昔買ったショウエイVFX2はSだったけど、公道で被る分には少しゆとりが欲しいとMばかり買っていた。
本当はこんな考え方はイカンよね。

800GSで高速道路を走ると、内装のヘタリや髪を短くしたこともあり(「薄い」とかゆーな)、ぬえわkm/hだとグラつくようになった。
前回の購入から丸6年も経ったことだし、まあ頃合だろう。

価格は、¥32,000。
関東では、GT商会がいちばん安いと思う。

以前指摘したアゴ下からの巻き込みについては、「TXエアロフラップ」という機能部品により、改良された模様。
まだ走ってないから、何とも言えんけど。

被った感じとしては、サイズダウンしたにもかかわらず、全体が程よくフィットして快適。
昔のアライのような、コメカミだけキュッと締め付ける感じは全くしなくなった。

シールドは、今まで付けていたミラータイプに付け替えた。
共通品なのが、ありがたい。
が、新品のシールドが2枚も余って、どうしよう。

| | コメント (0)

雨の間の定峰峠

今週末乗らないと、3週間もエンジンに火を入れないことになってしまう。
短時間でも動かそう、と定峰峠に向かった。

定峰峠は自転車,バイク,クルマとバトルロイヤル状態で危険なため、あまり好きではないのだが、雨が降りそうな日曜の夕方ならば空いてるだろう。

熊谷の蒸し暑さは東秩父村の交差点を曲がると息をひそめ、空気はひんやりとしてきた。
山の稜線にかかる雲は、少し暗い。

上りは、予想通りの交通量。
特に、音も無く高速で下ってくる自転車は皆無なのが、ありがたい。
下手なバイクより高速で、しかもほぼ裸のような服装で下るロードバイクは、場合によってはバイクより危険だ。「健康に良さそう」で最近乗り始めた人たち(中でもオッサン)は解っているのかな? 

上体が起きたスタイルで跨るF800GSは、路面が多少濡れてても、一般的なオンロードバイクよりは遥かに楽しめる。
バンクは浅いけど気持ちの良いリズムで、峠の茶屋に到着。
Dscn0468
茶屋で休憩後、往路と同じ道を下り始める。
交通量が少ない上、追い付いたクルマもバイクも道を譲ってくれた。
やけにマナーが良いな、と感じた往復60kmのエクササイズ。

| | コメント (0)

体力測定

市主催の体力測定に参加した。
参加料¥50を払って、6項目を測定する。

結果は、年齢別全国平均値と比較すると。。。

握力 16歳または60-64歳並み
上体起こし 11歳または45-49歳並み
長座体前屈 6歳並み
反復横とび 9歳または60-64歳並み
立ち幅跳とび 11歳並み

(20mシャトルランは、役人の段取りの悪さにイラ立ち、棄権して早々に帰宅。日曜だからって、時間が無尽蔵にあるわけないわな)

せめて、握力と上体起こしは年齢相応に欲しかった。
握力50kg超えたとき、あったのに。。。orz
Dscn3423


| | コメント (0)

F800GSにガーミンのGPS・etrexをマウント

ガーミンのGPS・etrexをF800GSに取り付けようとハンドル周辺を観察したら、XRのようにミラー周辺に取り付ける場所は無かった。

唯一在るのが、ハンドルのクランプ2箇所に挟まれた場所。
しかし、そこの直径が28.5mmくらい(ノギスではなく、メジャーで円周を測って割り出した)と大きい。

マウントは直径1インチ(25.4mm)チューブに適したものしかないのでは?と疑いつつ探したら、あっさりamazonで見つかった。

それが、型番1049600のハンドルバーマウントブラケット用大口径アダプター。
25mm-32mmに対応させることができる、と謳っている。
価格は、¥2,100。

取り付けには、GPS付属の専用裏蓋が必要だが、マウント自身はプラスネジ1本で固定が可能。
但し、GPS本体を付けるとビスが隠れてしまうので、角度の調整はほんの少し面倒。
Dscn3413
F800GSの場合、手前のイグニッションキーカバーと干渉するので、角度の自由度はまるで無し。
Dscn3414
晴天の日は、太陽光が反射して見辛そう。
適切なライディングポジションから頭を動かすか、手で遮光してやるか、何らかの対策が必要かと。

XRのマウントは、単気筒の振動を受容できるもとのは言いがたく、時々取り付けネジを増し締めしてやる必要がある。
その点、今回購入のマウントは重心が適切な位置に付けることができ、振動の問題は無さそうだ。

しばらくはこれでガマン、だな。
どうしても見辛いなら、RAMの導入を考えようか。

| | コメント (0)

37鞍目、再び障害物出現

前半、軽速歩と駈足を重点的に。
駈足の出るタイミングがズレるけどよく動いてくれて、今までにないくらい長い時間、駈足が持続できた。

後半は、3本の棒を転がしただけの1セクションとスラローム。
スラロームは、ついアウトーインーアウトを意識してしまい、コースに入るときは真っ直ぐ入るように注意を受ける。

馬は原チャリより小回りが効くので、こういうチョコチョコと曲がる動作は操作している感覚が強く、とても楽しい。
コースを終えると、一旦外周回ってから再びアプローチするのだけど、楽しくてすぐにUターンしてコースインしたくなる。

暴走癖がある馬だけど今回は1回も暴走せず、レッスン内容も常に動きっぱなしで、充実した45分だった。

そういえば、駈足の時間が長いワリに尻の皮は剥けなかった。
鞍の上を滑らさずに意識したのが良かったのか。
レッスン後にコツを訊くと、
「どっかりと鞍に座るのではなく、尻と両足の3カ所にに荷重を分散させるイメージ」
とのこと。
具体的にカラダをどうするかは、これから探っていくしかないのかな。

| | コメント (0)

群馬新潟県境ターマック

「梅雨の間の、貴重な晴れ」と盛んに訴えるので、とりあえず北上。
からっ風街道をナメて、県道255号線を使って沼田に入る。
Dscn3394

↓上の画像の場所は、ココ。

大きな地図で見る

沼田からは、R17北上。
R17沿いのラーメン屋で、早めの昼食。
関越トンネルを使わないときは、よく入る店。
ベタな名前でマズそうなチェーン店に見えるけど、予想外に旨い。
今日のタンタンつけ麺と餃子も、美味しゅうございました。
Dscn3399
Dscn3398
昼食後、再び北上。
赤岩温泉を過ぎてから苗場スキー場まで、同一車線にクルマは1台きり。しかも、そのクルマは早々に譲ってくれたし。
群馬県側の中速コーナー、めちゃウマ。

山を下りてからのR17は、暑かった。
再び山に入りたくなり、塩沢石打I.C.付近の新潟県道76号線に突入。
ここの大沢峠はボリュームは足りないけれど、交通量少なく、イイ感じ。

峠を越えると、十日町。
R117をほんの少し南下して、R353で再びR17へ。
途中、清津川のそばで昼寝。
Dscn3400
R353はマイクロバスに捕まって、ひたすら我慢。
そのまま湯沢I.C.から関越に乗り、17:30帰宅。

| | コメント (0)

Haynes service&repair manual着荷

amazon.ukでなくとも、amazon.jpで手に入ることを知り、ポチった。
F800GSだけでなく、同じF800系2気筒エンジン搭載するF800ST,F800Rに関しても記されている。そのおかげで、車体仕様は容易に比較できて、興味深い。

Haynesのマニュアルは洋書屋でチラ見しかしたことないので知らなかったのだけれど、ドライブチェーンの交換とかクラッチワイヤの注油とか、一般的なことも書いてるのね。

価格は、¥2,900のところ、割引効いて¥2,600。
ukのマケプレで£14だから、送料入れるとあまり変わらず。
リン○バーグで¥7,000で売られていたことを思うと、良い時代になったものだねえ。Dscn3405


| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »