« 40鞍目、鞭は必要なものなのか | トップページ | 「英国王のスピーチ」 »

41鞍目、お背中流しましょうか

節電の影響で変則勤務のため、平日休み。
さぞかし人が少なかろうと馬場に赴くと、休日と変わらない人数。
しかも、休日によく遭う人もいたりして。

今回はよく動く馬を割り当てられて、駈足たっぷり。
よく動くとはいっても、自分の思い通りにとはいかないが。
「壁を作る」を意識しても、ダイレクトに反応するでもないし。
自分が、馬の反応を読み取れていないからなのか。

どうも煮詰まってきたので、夏休みに外乗でもと考えなくはないが、馬場の中でひたすら基本の反復っていうのもキライじゃない。

さて、馬装を外そうとしたら、イントラ氏より馬の汗を流すようにと指示あり。
暑いから水で。。。はなく、お湯で流せと。
言われるままにホースから出たお湯を直接かけて、適当にブラッシング。
それが終わると、ゴムヘラで表面を撫でて、水を切る。
で、最後に乾いたタオルで軽く拭く。

意外と丁寧な扱いをするのは、サラブレッドだから?

|

« 40鞍目、鞭は必要なものなのか | トップページ | 「英国王のスピーチ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 40鞍目、鞭は必要なものなのか | トップページ | 「英国王のスピーチ」 »