« ナイロンバッグを染めQで再生 | トップページ | 40鞍目、鞭は必要なものなのか »

ゴールドウィン・ツーリングリアバッグ75の収納テスト

ゴールドウィンのツーリングリアバッグ75を買った。
試しに、キャンプ道具一式を入れてみた。

キャンプ道具の内訳は、以下の通り。
画像前列左より、テントポール,テント本体,シュラフカバー,シュラフ(モンベル#3)。
後列左より、コッヘル&ストーブ,レインウェア,エアマット(サーマレスト)。
Dscn3459

何も考えずに詰め込んでも、まだ余裕がある。
準備してなかった、数日分の着替えや食材も入れられそうだ。
心配していた、容量は合格。
Dscn3458

次に、実際に積載してみる。
F800GSの場合、グラブバーに付属のストラップ4本すべてを固定する。
今まで気付かなかったが、グラブバーには突起が着いていて、ストラップはズレたりしない。
Dscn3454

バッグの底面または側面のDリングにストラップを引っ掛けるのだが、初めはどこのDリングを使うか、迷うかも。説明書も解り辛いし。
Dscn3461

数分迷った末、なんだココに引っ掛ければ良いのか、と積載完了。
Dscn3456
バッグを揺すってみると、脱落の感触は無い。
まだ実際には走らせていないが、問題無い模様。

ご覧のようにキャンプ道具を詰め込むために買ったけど、未だ予定は無い。

|

« ナイロンバッグを染めQで再生 | トップページ | 40鞍目、鞭は必要なものなのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナイロンバッグを染めQで再生 | トップページ | 40鞍目、鞭は必要なものなのか »