« F800GSネガティブインプレ | トップページ | 39鞍目、「壁を作る」とは? »

バイク乗りで太っていて良いのは

「バイク乗りで太っていて良いのは、阿部孝夫(注)レベルだろ」
という、かねてからのポリシーにより、減量に取り組んで2年余り。

そこには、同じ二輪の自転車乗りに対する、引け目のようなものがある。
エンジン付いて楽してるからデブなんだよ、って思われたくないし。
バイクライディングだってスポーツしてるんだよ、って理解して欲しいし。
実際に、そんな中傷を受けたわけではないのだけれど。

そして、他の太っているライダーを哂うつもりはない。
太っていてもカッコイイヒトはいっぱいいるし、ね。
ただ、自分は、だらしなく肉の付いた自分が嫌いなだけ。

最も重かった時期から、ようやく10kg減。
20歳のときの体重まで、あと4kg。


注)80年代に活躍した、ホンダのファクトリーライダー。デブでもあれだけ速けりゃカッコええわ、の見本みたいなヒト。惜しくも、2007年に逝去。人となりを知るには、トライアル専門誌「自然山通信」ニシマキ編集長のコラムが最適かも。
(2015/4/20リンク張り直し)

|

« F800GSネガティブインプレ | トップページ | 39鞍目、「壁を作る」とは? »

コメント

西巻様>
ああっ、こんな古い記事にわざわざご連絡ありがとうございます。
本文のリンクを張り直しました。

投稿: そーいちろ | 2015.04.20 22:25

すいません。
リンク変わっちゃいました。

http://www.shizenyama.com/nishimaki/thinkingnow/7548

投稿: 西巻裕 | 2015.04.16 10:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F800GSネガティブインプレ | トップページ | 39鞍目、「壁を作る」とは? »