« 水郷経由実家行き | トップページ | 忠告:先日取り付けたGPSマウントの速度制限について »

43鞍目、「手前を換える」を詳しく

さすがにお盆休み明けの平日+雨だけあって、馬場はガラ空き。
レッスンは、当然マンツーマン。

今回、初めて軽速歩の「右手前」,「左手前」を教えてもらう。
右回りのとき、馬の右足が地面に着くときには乗り手の尻を下ろしてはイケマセン、と。
馬の足に余計な荷重をかけて疲れさせないように、と。

今までは言葉と、左右の「手前を換える」方法として2回連続してトントンと尻を付けるというのは聞いていたが、具体的に目的と理屈は聞いてなかった。
こういうのって、最初に教えるものではないのかな?
最初は軽速歩のリズムだけをカラダに覚えこませて、理屈はその後という指導方法なのだろうか?

後半は、輪乗りでスピードの微調整。
ハタから見るとグルグル回っているだけなのだが、馬を一定のスピードで走らせることは非常に難しく、非常に楽しい。

最初はイントラ氏の指示する微妙な速度差が解らなかったが、走らせてるうちに解るようになった。
絶対的な速度が当然バイクより低いので、その分スピードの調整幅も小さくなって、下手に高速に慣れていると解りにくい。
自分では「このスピードでいーぢゃん」と思っても、イントラ氏から見ると「遅れたから、速くして」と指導される。

今日の馬は少し鈍い馬(イントラ氏談)だったけど、一人でも駈足が比較的スムーズだったから、まあ満足。

馬場でのレッスンが奥が深すぎて外乗する気になれないのが、最近の悩み。

|

« 水郷経由実家行き | トップページ | 忠告:先日取り付けたGPSマウントの速度制限について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水郷経由実家行き | トップページ | 忠告:先日取り付けたGPSマウントの速度制限について »