« 熊谷南部ポタ | トップページ | F800GS 傷の簡易的修復 »

クルマにおけるデジモノ電源の確保

現在使っているトイナビ(Mio)の、充電器ケーブルの被覆がヒビ割れてきた。
加えて、スマフォの充電器も車内に常備しなくては。

外部接続端子は、トイナビがMiniUSB,スマフォはMicroUSBだ。
クルマの場合、用品店に行けば腐るほど売られているのがありがたい。
ひとつのシガーライタープラグにMiniUSB/MicroUSBが接続可能な充電器が、¥780で見つかった。
同時接続はできないが、両方使うシチュエーションは極めて少ないだろう。
Dscn0908
エクスの場合、オプションでAC電源のコンセントを追加してある。
シガーライターソケットは、車体前後の2ヶ所に標準装備。

AC電源コンセントは、FOMA用充電器専用と化している。
前のシガーライターソケットは、前述の通りトイナビとスマフォの充電。
で、車体後部にシガーライターソケットがひとつ余っている。

後付けの電子機器としてはETCがあるが、ACC電源から引き回しているから、論外。

接続端子の数から考えると、まだデジモノを増やす余裕はありそうだ。
容量はともかく。

[参考] 充電器メーカ/型式
    クオリティトラストジャパン/DCX-01BK

|

« 熊谷南部ポタ | トップページ | F800GS 傷の簡易的修復 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熊谷南部ポタ | トップページ | F800GS 傷の簡易的修復 »