« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

新東名高速道路でサイクリング

今年は鈴鹿の耐久は取り止めて、「ふじのくにCYCLE FES」に参加することになった。
開通前の新東名高速・駿河湾沼津SA~新静岡I.C.間を走行できるイベントだ。
参加種目は、89kmのサイクリング。レースに非ず。

4:00 山中湖畔の宿を出発。
5:45 駐車場着(誘導渋滞含む)。
6:00 行動開始。自転車の組み立て・着替え・3km先の受付まで自走。
7:00 受付完。計測タグとゼッケン取り付け。
8:00 スタート位置に付く
Dscn3521_0830
8:21 予定より12分送れでスタート。

下りで調子に乗って先頭集団にいたが、上りであっという間にチギられる。
スタートから20分後、以降ずっと単独走行。

富士山は、まだ雪化粧していない。
Dscn3524_0901

道路自体は、3年以上も前から造られていたようだ。
Dscn3525

9:10頃 富士川を渡る。
Dscn3526_0914

9:30頃 富士山を背にしているということは、富士市のあたりか。
Dscn3531_0928

短いトンネルは、変化があって楽しい。
長いトンネルは、走るには十分な明るさだが、閉塞感でウンザリした。
Dscn3532_0942

エイドステーションでは、おにぎり,みかん,バナナ,水が配られていた。
静岡に来たのだからと、おにぎりをしらすを選ぶ。
Dscn3536_1053

40kmに近付いたあたりから、背筋が痛い。肩こりに似た症状も。
尻や太もも,ふくらはぎは問題なし。
尻は、3Dパッドのおかげだろうか。

12:30頃 「ここからが正念場」は、本当だった。
Dscn3543_1221

勾配は無いようなレベルなのに、後半はやけに応える。
疲れなのかなあ。
脚自体はよく回るのに、折り返し後は背中の痛みに耐えかねて、何度も休んだ。

14:20頃 6時間かけて、ゴール。

コースに近そうな富士・清水・静岡の8:00~14:00の気象庁観測データを確認すると、気温7~15℃,湿度は56~42%で推移していた。
消費水分は、1.2L程度。

先週のマラソンと違って(補給水不足,トイレの紙不足)、今回は運営側の不手際は無く、楽しめるものだった。
唯一、計測タグの取り付けにニッパが必要であることを告知しなかった点を除いては。

帰りは中央道・東名含め、関東の高速はすべて大渋滞。
中央道30kmの渋滞に巻かれて、帰宅時刻は22:00過ぎ。

| | コメント (0)

補給食調達ポタ&前泊宿へ移動

明日のイベント用の補給食を調達に、カラダ慣らしを兼ねて自転車で。
補給食の前に、耳が冷たかろうとイヤーマフラーを百均で購入。
補給食に使えそうなナッツ・チョコレート類も、百均で揃ってしまった。

深谷のレンガ工場や福川鉄橋跡を経由して、帰宅。
往復15kmくらい。
Dscn3506
Dscn3508

午後、ぽんた氏自宅へ向かう。
今回は、ぽんた氏は親子で参加。
エクストレイルに3人+3台を詰め込む。
自転車は、すべて前後輪外す必要あり。

中央道を使って、宿のある山中湖畔へ。
一時間半くらいで到着。
こんなに近かったっけ?

| | コメント (0)

PANTOのビンディングテスト&タイツテスト

久しぶりのビンディングに慣れるため、利根川CRで試走。
道の駅はにゅうまでの、往復30kmほど。

ビンディングの装着については、まだカラダが憶えていた。
バチンという音を聞くと、スイッチが入るねえ(笑)
Dscn3496
Dscn3497
Dscn3499
それから、先日購入したばかりのタイツもテスト。
走った10:00~13:00の間の気温は、熊谷気象台計測で10~14℃。
この気温では、問題なく快適。
思ったより風を通すけど、起毛タイプを選んだのは正解。

上半身は、
1)登山用ロングスリーブインナー
2)ロングスリーブジャージ
3)ウインドブレーカー
の3枚重ね着。
走り始めの気温10℃のときは、肩だけ冷たかった。
10℃を下回ると、かなり不安。

| | コメント (0)

PANTOにビンディング換装

週末のイベントに備え、10年ほど前に使っていたタイムのペダルに交換した。
シューズはアッパーの色が抜けているが、ソールは劣化してないから、まだ使える。
新品買うとしたらタキザワの年末セールに買いたいから、今はまだガマン。
Dscn3432
この作業に際し、ペダルレンチを新たに購入した。
既に持っているレンチは厚みが厚すぎて、使えなかった。
でも、今までのペダルは自分で換えたからもうひとつ持っているはず。。。なのだが、見当たらず購入を決意した。

今までのペダルと同じ、三ヶ島製。というか、このペダルのための専用品といってもいい。
厚さ3.2mm、長さは150mm。
amazonで、¥680なり。
Dscn3430

| | コメント (0)

エリア81は消滅した!

。。。というセリフが浮かんだのは、最近「エリア88」を全巻読破したところに、この雲に遭遇したから。
Dscn3422
自転車散歩の途中、16:30頃。

| | コメント (0)

蔵王またいで(3)

一昨日から、魚が旨い,牛肉旨いと書いてきたが、やはりいちばんは米と漬物だろう。この基本の食材が、じんわり旨い。
そんな宿に名残を惜しみ、朝風呂浴びて9:30に宿を発つ。
13号線を南下して、米沢到着。

米沢の目標は、宮坂考古館
20代で「花の慶次」にシビレたおっさんにとっては、前田慶次の甲冑は外せない。
Dscn3488

上杉博物館も入ってみたが、こちらは期待外れ。
映像や模型展示が多く、実際の遺物がほとんど無い。
上杉記念館と間違えたのか。。。?
Dscn3491

13号線をさらに南下、福島県内に突入する。
そろそろI.C.かなというそのとき、「広域農道」の標識発見。
ナビで確認したところ、東北道方面に行くことは間違いないようだ。
躊躇せず、突入した。

大きな地図で見る
「当たり」だった。
信号も交通量も、えらく少ない。
ゆるやかな曲線なので、何も考えずに走るには最適だった。
Dscn3492

そんな閑散とした道に、ぽつんと飲食店が。
Uターンして、昼食を摂ることに。
で、これまた当たり。
ランチのわっぱ飯セットは、コストパフォーマンスが妙に高かった。
少なくとも、サービスエリアのレストランよりは。
Dscn3493

そんなこんなで福島西I.C.から東北道に乗り、羽生I.C.まで一気走り。
雨が強かったけど何事も無く、17:30帰着。

| | コメント (0)

蔵王またいで(2)

昨夜泊まった宿のすぐそばには、洋館が建っていた。
1階がカフェ、2階が古賀政男記念館となっている。
古賀政男の曲は義父が好きだったとヨメがいうので、寄ってみた。
古賀政男に興味はないが、珈琲飲んでぼけーっとするには良いところだ。
Dscn3464

蔵王で、土産を物色。
蔵王漬物センターと蔵王酪農センターに決めておいた。
蔵王酪農センターでは、クリームチーズの試食を堪能。
Dscn3475
朝のおやつに、チーズもちとチーズドリンクをその場でいただく。
Dscn3476

蔵王酪農センターの北側の坂道を真っ直ぐ登った行き止まりは牧草地が広がり、気持ちいい。ここまで来たら、寄ってみるが吉。
Dsc_5777

大きな地図で見る
昼食は、昨日と同じ田園に急遽変更した。
せっかく来たのだから、二日連続でも良いだろう。
今日は軽く寿司セットにしたが、具沢山のアラ汁が付いている。
¥800の安いセットなのに、このサービスはどういうことだよ(笑)
埼玉だとプラス¥200は取られるぜえ。

今日の宿、山形県・上山温泉へ向かう。
ルートは白石市経由、R113を使って。

田園のある亘理町から角田市の外れを通ってR113に接続する直前、偶然にも阿武隈急行・横倉駅の前を通った。
宿に直行するのもツマランので、寄らせてもらう。
Dsc_5806
ホームだけの無人駅だ。当然、単線。
周囲1kmには、民家がわずかにあるだけ。
でも、駐車してあるクルマや自転車の数を見る限り、必要としている人は少なくないのだろう。

白石市を横切り、七ヶ宿町内のR113を西にひた走る。
平日の午後4時前。交通量が少なく、観光客は我々だけのように思える。

七ヶ宿ダムを抜けたあと、「上山市 右折」の標識を見て、右折した。
12月からは閉鎖される、県道13号線だ。
冬季閉鎖されるだけあって道は狭く、交通量はさらに少なく、落ち葉は大量に溜まっている。
ターマックSSって感じだな。

猿が一頭、ガードレールの上に座って、通り過ぎる我々を見ていた。
群れの斥候のように。

陽が落ちる前に、宿に着くことができた。
夕食は、昨日に増して豪華だ。
昨日より宿代5割増しだから、当然か。
メインは蔵王牛と鯉というのが、内陸部らしい。

| | コメント (0)

蔵王またいで(1)

8:30に家を出て4時間後、東北道羽生I.C.~白石I.C.~R4~宮城県道14号線を経た先は、R6沿いの「田園 亘理店」。
仙台の知人に周辺で魚が旨い店は?と訊いて、回答を得たところだ。
特に、この亘理町名物の「はらこめし」が旨いらしい。
当然、注文した。はらこめし定食、¥1,575なり。
Dscn3424
Dscn3425
ヨメは、松花堂弁当+寿司セット。¥1,680なり。
Dscn3426
はらこめしは外見から、ただの海の親子丼かと思いきや、まったく別物だった。
もう、誤った認識で申し訳アリマセン、と土下座するレベル。
しかもこの店、漬物や味噌汁にも手を抜いていない模様。
至福。

***

食後、海岸の方を周ってみた。
建っている民家は、ほぼ修復が済んだようだ。
東北道を降りてから見る民家は、たいてい瓦だけが真新しい。

一軒のコンビニが、店内がめちゃくちゃのままだった。
片付ける気力もないのか、主の身が不自由になったのか。

解せぬのが、仮設住宅が津波到達範囲に建っていること。
高台に土地を確保できなかったと想像できるが、いくら何でも海から近すぎる。

***

宿までのルート上にある、角田宇宙センターに寄ってみた。
JAXAのロケット開発拠点の片隅に、一般見学用施設があるのだ。
Dscn3460
見所は、打ち上げ失敗して3,000mの海底から引き上げたという、ロケットノズル。
メカ屋としては、溶接部の破損具合やボルトの形状から設計思想を読み取りたいところ。
Dscn3431
屋外の展示物もナカナカ興味深い。
貼り付けてある銘板は、三菱重工業製。
Dscn3448
Dscn3459

宿泊は蔵王山麓の青根温泉へ。
秘湯の印象を持っていた遠刈田温泉より、さらに山奥。
比較的仙台(塩釜港)に近いせいか、山奥にもかかわらず魚介類の豊富な夕食は、¥8,000という宿代からは信じられないほど。
ヨメとしては、トイレにウォシュレットが付いてないのが唯一の不満みたい。

| | コメント (0)

レールウェイマップルで路線バスが楽しい。。。と思う

宮城・山形へ旅行へ行くことになった。
クルマで行くから直接関係無いが、ライトマップル山形版のついでにレールウェイマップル東北も買った。
Dscn3422
つい勢いで買ってしまったが、見てるだけで楽しいではないか。
鉄道系だけでなく、一般的な博物館や民俗資料館も載っている。
コレは便利と感心したのが、駅からの主な路線バスルートが赤い点線で示されてこと。
Dscn3421
路線バスルートは、なかなか情報が得にくい。予め地方自治体やバス会社のwebサイトで見るか、駅に降りてから案内板を見ることが多い。
それが、いきあたりばったりに鉄道で移動中に本書を見て、おおよその計画が立てられる。
上越線越後湯沢駅から飯山線津南駅までバスがあるなんて、思いもよらなかったよ。

| | コメント (0)

裏起毛タイツ

タキザワオリジナルの、パッド付きを買った。
シーズンを外れたのか、起毛無しタイプが半額で売られていてかなり悩んだのだが、下半身は冷えるより少し暑いくらいでも良いだろうと起毛タイプを選んだ。

サイズでも悩み、迷った。
サイズ仕様は、パールイズミと同等だと店員から訊いた。
下半身デブなので通常ボトムはLを選ぶが、試着したところ、どちらでも支障は無い。
丈も胴回りも、あまり差を感じない。
ただMだとフクラハギがほんの少しきつかったので、Lを選んだ。

カタログには「3Dパッド」と記されている股間のパッドは、妙に豪華だ。
Dscn3419
¥7,650なり。

| | コメント (0)

46鞍目、晴天なのに屋内

受付に行ったら、ポイント3倍dayだった。
「こりゃ今日は混むな」との予想通り、5人同時レッスン。
しかも、せっかくの晴天なのに屋内馬場とは。

レッスン前に、馬の調子をみるからとイントラ氏が騎乗。
初めて割り当てられたその馬はクセがあるようで、馬装も順番を変える必要があるらしい。

ここでのレッスンは、イントラ氏は馬に乗らないから、初めてその腕前を見た。
発進の合図、重心の取り方、見るだけで勉強になった。
あんなに簡単に馬が動くのか、と。

2ヶ月ぶりの割りに自分のカラダは問題なく、馬も簡単に駈足を出してくれた。
5人の中では、真ん中くらいのレベルだろうか。

| | コメント (0)

Speed Master

今朝、失くしたはずのスピードマスターが見つかった。
何故か、妻の食玩コレクションの中から。
遺失期間は、おそらく10年。
Dscn0941
竜頭のネジを巻き、軽く振ると秒針は動き出した。
ストップウォッチのボタンは、押しても作動しない。
とりあえず時刻を合わせ、腕にはめて仕事に出た。

昼前の会議中、何気なくストップウォッチボタンを押すと、作動した。
スタート,ストップ,リセット、すべて問題なく作動した。
12時間メーターがひと回りするまで、放置してみることに。

これを買ったのはまだバブルの色濃い1993年、18年前だ。
作動しているとはいえ、オーヴァーホールが必要な個体であることは明らかだ。
ボーナス出たら、東京のカスタマーセンターまで直接持ち込むか。
Dscn0949


| | コメント (0)

レンジファインダー機が欲しくなった宴

職場内のスキモノが集まり、「カメラ好きの会」が催された。
自分を「カメラ好き」というのは怪しいが、せっかくのお誘いなので、CONTAX T2を連れて参加した。
Dscn0926
Dscn0928
Dscn0930
これらの画像を見て分かる通り、自分から見るとかなり濃いメンツだった。。。

| | コメント (0)

早いうちに、若いうちに

「クルマはお金がかかるから」と、免許すら持たない若者がいると聞く。
「憧れの高級車が欲しいから」と、免許取得後何年もクルマを持たずに貯金をしている人のことを聞いた。

でもね。。。
親に借金してでも、若いうちに免許は取っておいた方が良い。
スタイルや性能が好みではなくても、練習台と割り切って安い中古車で走りまくっておいた方が良い。

ロングドライブでの風景を見る眼や人との接し方,運転技術の習得度合は、20歳と40歳ではまるで違う。
そうした経験は、明らかに人生の他の部分に影響する。
それに、クルマの運転が必要な機会は、いつ訪れるかわからない。

お金も大事だけど、いちばん大事なのは時間だ。
つまり、若いときの経験だ。
経験が多いヤツの方が勝ち、といっても良い。

。。。40過ぎて、しみじみ思うよ。ホントに。

| | コメント (0)

軽四バッテリー調査

ミラのバッテリー交換をする必要が生じた。
トッポのとき、偶然目にしたスーパービバホームのチラシの価格が安くて、そこで換えたっけ。本体価格のみで、取り付け&古いバッテリーの引取りもやってもらえるのがありがたかった。

今でも同じサービスか?
TELで確認すると、まだやっているという。
ビバホームへ行きがてら、ルート上のカー用品店の価格をチェックしてみた。

ミラの純正は、28B17L(寒冷地仕様は38B20L)。
手元のミラは、前所有者が40B20Rに換えてある。
28B17はもはや各店頭に置いてなく、38Bまたは40Bがメイン。

●スーパーオートバックス
 40B19 ¥7,500
 38B19 ¥4,980
 工賃 ¥525
 オートバックスブランド,神戸電機製

●オートアールズ
 40B19 ¥3,980
 工賃 ¥500
 オートアールズブランド,パナソニックストレージバッテリー製

注)上記2店の価格はうろ覚え。

●スーパービバホーム
 38B19 ¥3,780
 40B19 ¥4,980
 工賃無料
 GSユアサ製

単純にコストパフォーマンスを考えると、オートアールズの40Bがお得だが、もともと28Bを38Bに換えるだけでも充分だ。
当初の予定通り、ビバホームの38Bに決定。

帰宅後、トッポのメンテ記録を読み返すと、2002年にビバホームで買ったバッテリーは40B19/¥2,814だった。
メーカーは、ユアサと記憶している。
10年近く経っているから、コレくらいの値上がりは仕方ないか。

| | コメント (0)

F800GS 傷の簡易的修復

1ヶ月前の傷の修復を試みた。

クランクケースは、脱脂後に簡易マスキングして耐熱塗料をスプレー。
塗装前後の画像の露出が変わって判り難いが、「まあ、いーだろ」なレベル。
これ以上を求めると、パテ埋めが必要になりそう。
Cc

アッパーサイドパネルも、同じく耐熱塗料を使った。
理由は、表面が細かい梨地で艶が無く、フツーの塗料を使っても意味が無いと判断したから。それに、耐熱塗料は何故かストックがあるし。

但し、使い方は異なる。
直接スプレーをせずに、塗料を浸み込ませたキッチンペーパーをポンポンと叩く方法を試した。
部品全体を塗るならともかく、一部だけ短時間で仕上げるならばこの方法が良いと直感で判断したから。
Scr

それぞれ塗装の前には、細目のコンパウンドをかけてみたが、傷があまりにも
深く効果なし。
少しは期待したのだが。

↓全体を見ると、こんな感じ。
Allr
遠目には目立たなくなったような気がする。
と、無理やり自分を納得させて、作業終了とした。

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »