« 蔵王またいで(1) | トップページ | 蔵王またいで(3) »

蔵王またいで(2)

昨夜泊まった宿のすぐそばには、洋館が建っていた。
1階がカフェ、2階が古賀政男記念館となっている。
古賀政男の曲は義父が好きだったとヨメがいうので、寄ってみた。
古賀政男に興味はないが、珈琲飲んでぼけーっとするには良いところだ。
Dscn3464

蔵王で、土産を物色。
蔵王漬物センターと蔵王酪農センターに決めておいた。
蔵王酪農センターでは、クリームチーズの試食を堪能。
Dscn3475
朝のおやつに、チーズもちとチーズドリンクをその場でいただく。
Dscn3476

蔵王酪農センターの北側の坂道を真っ直ぐ登った行き止まりは牧草地が広がり、気持ちいい。ここまで来たら、寄ってみるが吉。
Dsc_5777

大きな地図で見る
昼食は、昨日と同じ田園に急遽変更した。
せっかく来たのだから、二日連続でも良いだろう。
今日は軽く寿司セットにしたが、具沢山のアラ汁が付いている。
¥800の安いセットなのに、このサービスはどういうことだよ(笑)
埼玉だとプラス¥200は取られるぜえ。

今日の宿、山形県・上山温泉へ向かう。
ルートは白石市経由、R113を使って。

田園のある亘理町から角田市の外れを通ってR113に接続する直前、偶然にも阿武隈急行・横倉駅の前を通った。
宿に直行するのもツマランので、寄らせてもらう。
Dsc_5806
ホームだけの無人駅だ。当然、単線。
周囲1kmには、民家がわずかにあるだけ。
でも、駐車してあるクルマや自転車の数を見る限り、必要としている人は少なくないのだろう。

白石市を横切り、七ヶ宿町内のR113を西にひた走る。
平日の午後4時前。交通量が少なく、観光客は我々だけのように思える。

七ヶ宿ダムを抜けたあと、「上山市 右折」の標識を見て、右折した。
12月からは閉鎖される、県道13号線だ。
冬季閉鎖されるだけあって道は狭く、交通量はさらに少なく、落ち葉は大量に溜まっている。
ターマックSSって感じだな。

猿が一頭、ガードレールの上に座って、通り過ぎる我々を見ていた。
群れの斥候のように。

陽が落ちる前に、宿に着くことができた。
夕食は、昨日に増して豪華だ。
昨日より宿代5割増しだから、当然か。
メインは蔵王牛と鯉というのが、内陸部らしい。

|

« 蔵王またいで(1) | トップページ | 蔵王またいで(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蔵王またいで(1) | トップページ | 蔵王またいで(3) »