« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

ナンカイの激安ウインターグローブ

今年の冬は今までのグローブでは過ごせないことが分かってきたので、ウインターグローブを買った。
但し、本当に必要な時期は短いので、当座しのぎのために激安を求めた。

それが、コチラ↓。
Dscn3702
Dscn3703
Dscn3705
ナンカイ製、定価¥5,000。
売値は、10%OFFの¥4,500。
来月には半額で売られていたに違いない。

さて、実力のほどを昨日の熊谷~小鹿野往復で確認したところ、防寒性能は及第点だった。
ルート上の気温は、気象台計測3~5℃。
何故か左手の小指と薬指だけ先端が冷えたが、クラッチ操作をしているうちに気にならなくなった。
少なくとも、手がかじかむようなことは無かった。

操作感も、悪くない。自分の規格外の指の短さによる弊害はあるが。
着脱時にありがちな、インナーがズルズルと引きずられて裏返しになることもない。
防寒と同時に防水も謳っているけど、それを確認する機会は無さそう。

ナンカイのこの価格帯は期待していなかったけど、予想以上に良かった。
あとはサイズラインナップに「S」を加えてくれれば、文句無いのだが。

| | コメント (0)

小鹿野の氷柱

3週間も、エンジンかけずに放置してしまった。
ならば今日は、少し長めに走っておきたい。
目的を、小鹿野町の尾ノ内渓谷氷柱と定めた。
R299なら日陰が少ないから凍結の心配はないだろ、つーことで。
(有名な秩父市大滝の氷柱へのR140は日陰が多い)

正午、会場の1.5km前から渋滞発生。
バイクはすり抜け可で、すぐ近くに駐車させてもらえる。
これから行く人は、クルマで行かない方が吉。

駐車場からすぐ、模擬店が並ぶ。
Dscn3693

さらに杉林の間を、100mほど進む。
Dscn3688
吊り橋のかけられた谷間に、氷柱が形成されていた。
Dscn3675
Dscn3683
この空間、あきらかにR299より気温が低い。
冷蔵庫みたい。

模擬店で、無料の甘酒をいただく。
ヤキソバ(¥100)と歌舞伎焼き(下画像,¥100)も。
Dscn3692
ヤキソバには、トチモチをおまけしてもらった。
集落住民の運営ゆえのサービスがありがたい。
テキヤじゃ、こうはいかんよね。

ルート上は、結局凍結は皆無だった。
ま、国道だし、優先的に除雪されたのでしょう。
Dscn3700

ところで、帰路でみかけたこのステッカーは市販か自作か、どっちだろ?
Dscn3701

| | コメント (0)

53鞍目、先頭で少しだけ自信

「咬み癖と蹴りに注意」な馬が、今日の割り当て。
馬房では尻を向けられてしまったが、以前の別の馬のように激しく拒否はされず、トラブル無く馬装完了。

2人組みの先頭で、レッスン開始。
前回指摘されていた押し手綱は、注意していたから上手くいったようだ。
ただ、手を前に出しすぎて、肩と肘もつられて前に出していまうのが常になっており、それを注意される。背すじは伸ばしたけど、結果背が丸くなってしまうというわけだ。

今日の良かったところは、馬を止めずに走れたこと。
手前を換える(外周右周りから左回りに変換)ときは、馬のスピードが落ちることが多かったけど、今日は一回しかなかった。その一回もすぐにリカバリーできたし。

常に先頭で、スピードを維持できたことで、少しだけ自信が付いた。
先頭だと、「操ってる感が」2倍は大きく感じるからね。
Dscn3544


| | コメント (0)

曲面錆び取り

昨日ワイヤーストリッパーと同時に買ってきた、錆び取り用ナイロンタワシを使ってみた。
対象は、自転車のクイックリリースレバー。

↓使用前
Dscn3523

↓使用後
Dscn3524

予想以上に使えるではないか。
「CLOSE」の文字のところなどは、ペーパーではこれほど上手くいかない。
メッキ部分もキレイになったけど、今回買った細目より極細目を使った方が良いかも。
自由に切って、ひも状に出来るのも良いね。
Dscn3525
Dscn3526
メーカ:株式会社イチグチ
品名:BSスコーライトパット 細目(#400相当)

webには6種類記載されているが、ホムセンには極細目,細目,中目,荒目の4種類が売られていた。
¥298なり。

| | コメント (0)

初めてのワイヤーストリッパー

先日工作した電源ケーブルの再配線のために、ワイヤーストリッパーを買った。
今まではニッパの先端を使って被覆を向いていたけど、USBケーブルの細さは失敗率が高く、無理があるようだ。

早速使ってみると、さすがに何の苦労も要らずに剥けた。
もっと早く買えば良かった。
ギボシのカシメが出来るタイプも買っておこうかな。

なお、使ったところはいちばん細いAWG24(0.5)。

メーカーは、ベッセル。
地味だけど、廉価で日本人らしく丁寧な製品が多いから好き。
型式は、No.3500E-1。
¥2,280なり。
Dsc_5824


| | コメント (0)

体幹トレに変更

体幹トレーニングの本は何冊か書店に並んでいたけど、
↓これがいちばん見やすかった。
Taikan
3段階にレベルアップする構成も良いかと。

初級コースを試しにやってみたら、思ったよりキツイ。
それなりに効果ありそうな感触はある。
謳い文句通りに30分で終了。

今までの筋トレ
・脚上げプッシュアップ
・ヒップレイズ
・ボディアーチ
は変更して、この本の初級コースと脚上げプッシュアップのみをやってみることにしよう。

| | コメント (0)

波久礼往還プチ輪行

自宅を出ようとしたとき、下血が。。。
ボトルがお亡くなりになったようで。
15年は使っているから、仕方あるまい。
Dscn3487

いつもF800GSで定峰行くルート(R140の抜け道)を、今日はPANTOで。
自分の3倍速い、赤い彗星のような方々が続々ブチ抜いていく。
分かってはいるけれど、少し悔しい(笑)

鉢形城で休憩。
この間も、多くのロードレーサーが通り過ぎる。
Dscn3489

今日の目的のひとつが、皆野寄居バイパスの下を通って風布へ抜けること。
バイクのときは一旦バイパスを通るのだが、自転車は通行不可。
そして、そのバイパスの下はいつの間にか「通行できません」の看板が。。。本当か?
Dscn3491

車幅制限はあるけど、通行可能だった。
少なくとも、二輪は全然問題ない。
Dscn3492

自分の体力では、押して走っての繰り返しの小さな急な峠道。
Dscn3494
Dscn3495

最高地点では、荒川の対岸の建物が見える。おそらく、かんぽの宿。
Dscn3499

下りだひゃっほー、の直前。
急峻な地形に、へばりつくように人々が住んでいるのが見える。
Dscn3502

何だ、↓ココに出るのか。
Dscn3504

水面の一部が凍っているかのような、荒川を渡る。
Dscn3505

波久礼駅到着。
Dscn3506

予定よりだいぶ早いけど、輪行して帰るか。
Dscn3512

車内はガラ空きで、大きな輪行袋でも気兼ねナシ。
暖かく、眠気に誘われる。

車窓から怪しいお宅発見。
鳩を飼ってる。。。レース鳩?
「レース鳩0777」の世界っすか??
Dscn3517

他にもイロイロあった車内だったが、20分ほどでイイ感じに枯れた大麻生駅に無事到着。
数km走って、自宅到着は13:30。
総走行距離は、30km弱。
Dscn3519

| | コメント (2)

隠れすぎな、隠れ家Riders Cafe@西大井

1日都内出張。
朝の珈琲は駅前のマックで済ませたが、帰りの一杯はどこで飲もうか。
ぐぐると、Riders Cafeがヒットした。
その名は、「バイクハーバー・ホットチョコカフェ」

こういう店は、ここらへんなら第二京浜沿いにありそうなものだが、その店は横須賀線・西大井駅から歩いて数分のところに建っていた。
とはいえ、初回ではぐるぐる回ってなかなか見つけられず。
小さな路地を進み、店のすぐ前まで来て、ドアの小さなロゴマークを読んで、ようやく見つけた。
Dscn3486
訊くところによると、「昼間なら、表通りの電柱の看板が読める」とのことだ。

店内は、個人的には懐かしい雰囲気。
大学自動車部の日々を思い出す、男っぽいさっぱりとした空間。
webからはアメリカンな飾り立てた内装を想像してたけど、飾りは煩くなく、心地好い。

店のママさんの話が面白く、「30分だけ」のはずが1時間半も長居してしまった。
特に某GPライダーとの交友が、80年代のGPライダーに憧れた身としては超羨ましくて、もう。。。!

下の画像は、その某GPライダーのサイン。
Dscn3485

2月のオフロード走行会に誘われたので、軽トラレンタルして行くかなあと思案中。

| | コメント (0)

最近の定峰峠の走り方

土曜日より、腰を痛めている。
骨盤の右上の背中側。
原因不明だが、昨日一日大人しくしたせいか、痛みは小さくなった。
そろそろ自転車に乗って、低めの峠越えでもしたいが。。。諦めて、バイクで定峰峠往復。

最近、心がけている事がある。
それは、適切なギヤを選択するということ。
当然と言えば当然なのだが、公道ではさほど意識することなく過ごしてきた。

F800GSを買った当初はあまりにも加速が気持ちよくて、加速だけを味わう乱暴な運転だったと思う。
さすがにこれでは命か免許どちらかを失くすと考え、抑えるようになった。

二気筒の場合、単気筒よりはトルクの出方がスムーズだ。低速でもアクセルパーシャルを維持しやすい。
クルマがゆっくりと前を走っているときでもそのスピードに合わせ、適切なトルクを出すのは、ちょうど良い難しさがある。
公道での「適切なトルク」とは、いつでも加速・減速にスムーズに移れる状態のことだと考えている。つまり、どちらにも余裕を残している状態。

以上のような表現で合っているのか分からないけど。。。
こういう走り方だと、定峰のような狭く交通量が多い峠でも楽しめることに気が付いた。
往復2時間(1時間×2セット)というのも、集中できるちょうど良い時間。

あ、今気が付いたけど、コレってオフロードの低速走行練習と同じだ。
特にトライアルなんかで、最も遅く8の字を回るというヤツ。
道理で楽しいと思った。アレ好きだったんだよね。

ところで、今日の休憩ポイントは「まのじ庵」。
冬の午前中は、客が少なくてまったりできるところがお気に入り。
Dscn3461

| | コメント (2)

BMWの電源ケーブル(ヘラープラグ)製作

BMWには、通称ヘラタイプ(ヘラープラグ,ヘラーソケット)という、通常国内で使用されているシガーソケットよりやや小型の電源供給コネクタが採用されている。

そのプラグは、他の部品の例に漏れず、国産品より高価だ。ケーブルも付いてないくせに、¥2,000~3,000で売られている。安いところでも¥1,000超。その上送料がかかり、¥1,500は超える。

そこに目をつけたデイトナは、エライと思った。
¥840/個で販売している。
イギリスのあるサイトでは4£(現在の円高状態では¥480)で売られているから、送料などを考慮すると、良心的といえる。
それを近所の難解部品で取り寄せると、送料・手数料無しで¥840のまま。
Dscn3469
そのプラグを何に使うかというと、GPS用の電源として使う。
電池運用でも困ってはいないが、せっかく備え付けてあるソケットは使ってみたい。

GPS(GARMIN etrex)は、MiniUSBを介して電源供給が可能。
そのためのUSBケーブルは、会社の大掃除から出たゴミを漁ってゲット。

ケーブルとプラグの結線はどうすれば良いのか?とぐぐったら、とある専門書の見本PDFに、図解を見つけた。

赤が電源,黒がGNDという、わざわざぐぐらなくても良かったくらいの規定だった。
プラグのプラスマイナスは、パッケージの裏に描いてある。
Dscn3472
これを結線して、電源ケーブル完成。
ちなみにヒューズはかまさなくても良い、とショップメカに確認済み。
車両本体のCANBUSシステムにより、不要とのこと。
詳しくは知らんので、鵜呑みにしないように。

最後にテスターあてて通電を確認。。。と思ったら、MiniUSBの端子にテストピンの先端を接触させることができないよ。ピンが太すぎて。
しかたなく、いきなり実戦。壊れても被害額が少ないMioに接続して、イグニッションキーを捻る。

Mio本体の電源ランプが点灯、通電は確認できた。
アクセル開けても壊れずにいたので、ヒューズ不要は信じて良いだろう。
そして、Mioは電源仕様がetrexと同じなので、問題ない。
Dscn3471
あとはケーブル長さの最適化と、コネクタ接続部のシール性確保が残っているが、とりあえず使える状態には出来たので、本日の作業は終了。

[補足]
ヘラープラグってこの企業の製品だと思うのだけど、自動車メーカー向けのユニット製品だけで、小物部品は一切出てこない。

| | コメント (0)

52鞍目、「押し手綱」を間違えていた

妙に客(生徒)が少ない。
先日の初乗りは、うじゃうじゃいたのに。
やっぱり「イベント」は集客しやすいのかね?

つーわけで、久々のマンツーマン。
馬場を、贅沢に広く使って。

いつものように軽速歩から駈足まで一通りこなすが、何度も言われてることが身についてない。

今日は、「押し手綱」を注意される。
外側の手綱を、馬の背を越えて曲がる方向に持っていってしまっていた。
肘を脇に付けて、馬の背を越えないようにするのが正解なのだが。
自分がどういう動作をしているか、やはり解っていない。
いっぺん動画に撮ってもらって、独り反省会をしようかな。

そういえば、駈足しても尻に異常が無い日が続いている。
重心についても注意されることは多いけど、比較的安定してきたことは確かだ。
それだけが、今のところ進歩と考えるようにするか。

| | コメント (0)

自転車用起毛タイツをバイクに使う@定峰峠

定峰までの初乗り往復に、昨年買った自転車用起毛タイツを使った。
図らずも登山用と異なる装着感を得たので、記しておく。

いつものようにタイツの他は、起毛でも何でもないジーンズ(Lee Riders)を着用。
但し、膝から踝近くまでMX用ニープロテクターを装着しているので、その防風効果は大きいと思う。

ルートの気温(11:00-14:00)は、気象庁の観測データである
熊谷 6~7℃
寄居 7~8℃
秩父 5~6℃
を参考とした。

防寒の観点からは、上記気温で問題ないレベル。
いつもはいてる登山用アンダーウェア(ノースフェイス・サーマスタットAWトラウザースNU65102)と遜色ない。

驚いたのが、その履き心地。というか、動きやすさ。
ペダリングを妨げないよう伸縮性バツグン&ピチピチなので、非常に動きやすい。
詳しくいうと、膝を曲げるのが苦にならない。

上記登山用は、跨る動作のときとシートに座って膝を曲げたときに、少し膝が突っ張るのが気になっていた。
短時間のコース走行ならガマンできるが、長時間の雪道ツーリングではその小さな苦痛が疲労を蓄積する。

人によっては尻のパッドが気になるだろうが、自分は気にならなかった。
春に安売りしたら、まとめ買いしておこうか。
Dscn3458


| | コメント (0)

51鞍目、初乗り2012

前の時間に使っていた馬が割り当てられたので、馬装は無し。
開始まで、暇を持て余す。

馬場に出て乗ろうとすると、知らない人がサポートしてくれる。
ありがたいけど、イントラでもない人が来ると不安。「アンタ、誰?」って。
年末年始って、普段顔を合わせない常連さんがデカい態度でいて、少しイヤん。

いつもより広い馬場で、いつもとほぼ同じレッスン。
少し違うのは、その場で小回りする方法の教授。
曲がる方向に首を向かせて、外側の脚で抑えて曲げるというもの。

それから、停止の方法を注意された。
手綱を手首だけで停めるのではなく、脚で馬の胴を挟んで上体を前後に動かさずに脇を締めて停めるということ。
自分ではやっていたつもりだけど、実態は違っていたようだ。

馬はよく動いてくれたから、自分の動作に集中できて幸先良いスタートが切れた。

| | コメント (0)

帰省ついでに復旧確認

実家に帰省した折、街を散策。
さずがに震災の被害を受けた建物は、修復されていた。
Dscn3656
この街で初詣といえばココ!という神社に行ってみた。
それなりの混雑。
Dscn3659
駅も復旧済み。
Dscn3671
どうでもいいが、この車両のカラーリングかっこいいな。
常磐線に、こんなの走ってたのか。
Dscn3669

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »