« PANTO、3度目の鈴鹿へ | トップページ | レース翌日の体調 »

PANTOで3時間耐久

3度目の鈴鹿耐久は、前回までの4時間二人組みよりハードルを上げて、3時間ソロとした。つまり、3時間走りっ放し。
4時間のときは、30分交代の2時間ずつだった。

4時間は日曜開催だが、3時間は土曜日開催。そのせいか、エントラントが若干少ないようで、ピットの近くの場所に駐車できたのは幸い。
Dscn4060

スタートまで暇を持て余し、出店をブラブラ。
スポーツドリンクの粉末を買い忘れたので、「レース中に飲めるものを」と買ったのがコチラ。
Dscn4063

今回は、試走はしていない。
体力温存のためだが、時間が余っていたのだから、今思えばしておくべきだった。
Dscn4064

スタートは10:00。
レース前3ヶ月はまったく練習しておらず、完走に自信がない。
よって、かなりのスローペースで走り始めた。
周りに引き摺られずに。

ドリンクも、早めに飲むようにした。
先刻買った粉末は、えらくマズイ。
が、何度も飲んでると慣れてきた。カラダへの吸収性も良いようだ。
冷やしたら、ソレナリに飲めるか?
買ってよかったかも。

半分を過ぎた頃、ペースがつかめてきた。
いちばんキツイ上りのホームストレートとスプーンカーブ直前以外は、シフトチェンジせずにいちばん上のギヤで漕いでも良いみたい。

しかし、それが判った頃には、尻と肩が痛くなってきた。
心肺は平気なのに、もったいない。
少しイラついて、リタイヤしようかなと何度か思った。

いや、遅くても完走はしよう。
ビリ完走とリタイヤ、どちらが価値あるかといったら、ビリ完走だよな。

130Rを抜けた頃、スタートから3時間が経過した。
次のゴールで終わりだ。
その周の最後、S字あたりに救急車が止まっていた。
2台が絡んで転倒したらしい。
一人が体をくの字に曲げて、顔をしかめていた。
鎖骨でもやったかな。あの痛がりようは、骨折・入院コースかも。

ゴール後、PANTOに取り付けたメーターは、
平均時速20.4km/h
最高時速50.4km/h
走行距離64.6km
を示していた
暫定リザルトは、11周。

次回のための備忘録
・2ヶ所の上り対策を。
・水分は、ボトル1本で充分。
・要補給食。

終了後の夕食は、白子駅近くのお好み焼き。
良い店だった。
また来たい。
Dscn4069

|

« PANTO、3度目の鈴鹿へ | トップページ | レース翌日の体調 »

コメント

Makoさん>
実際、3時間走りっぱなしはキツイです。
ピットに誰か居れば、数分間止まって休憩&補給というのも出来たのかも知れませんが。

投稿: そーいちろ | 2012.05.21 02:15

お疲れ様でした。
>どちらが価値
走れる状態なら私もそう思います。
しかし3時間走りっぱなしはきつそうであります。

投稿: Mako | 2012.05.20 19:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PANTO、3度目の鈴鹿へ | トップページ | レース翌日の体調 »