« 鉈のような | トップページ | 62鞍目、駈足出しっぱなし »

61鞍目、大混雑

たまたま同じレベルの生徒が集まったらしく、5人まとめてレッスン。

杞憂は現実となった。
狭い馬場に5人も入ると、1人がミスればあっという間に先頭の馬が最後尾に追い付く。で、5人の動きはすぐに止まる、と。
駈足出ない人は内側を回るとか、走るラインを分ければ良かったのだろうが。

自分の馬は可も無く不可も無く、駈足が出たり出なかったりで、5人の中では特に目立たず。足を引っ張るような役目でなかったのが、唯一の救い。

ここのところ同じ馬ばかり割り当てられていて、今日のレッスンの最後になんとなく扱い方が見えてきた感じ。
コイツは、鞭を強め・多めに使わなくては動いてくれない、と。

|

« 鉈のような | トップページ | 62鞍目、駈足出しっぱなし »

コメント

実際難しいです。
教習所で、毎回違うクルマに乗るということに近いかも。
後ろ脚で他の馬を蹴り上げるヤツもいるし。

投稿: そーいちろ | 2012.07.01 21:53

>狭い馬場に5人
このあたりで見るいくつかの乗馬場を思い起こして想像しておりました。わはは。
言われてみれば当たり前なのかもでありますが、
馬によって、乗り方が多少違うということでありますね。
生き物が相手だけに難しそうであります。

投稿: Mako | 2012.06.30 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鉈のような | トップページ | 62鞍目、駈足出しっぱなし »