« 鳥海山麓から | トップページ | 北関東県道帰省 »

64鞍目、何も考えられず

平日&お子様大量参加のためか、大人5人はレベルの差に関係なく、ひとつのクラスにまとめられてしまったようだ。

5人とはいえ、広い馬場を使わせてもらったため、以前のような渋滞にはならず。
駈足の割合も多く、久々に尻の皮が剥けたほど。

暑さ厳しく、開始25分でへたばった。
残り20分は暑いわ痛いわで、自分では何も考えられず、ただイントラ氏の号令に無心に従うのみ。

レッスン終わってから気付いたのは、馬体をホールドするのを忘れていたということ。
故にポンポンと自分の体が跳ねて、結果尻と鞍を擦るはめになり、皮が剥ける、と。
これからは、それを意識せねば。

|

« 鳥海山麓から | トップページ | 北関東県道帰省 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥海山麓から | トップページ | 北関東県道帰省 »