« 用水路づたいに | トップページ | 63鞍目、やはり躓いていた »

Mio-C310バッテリー交換

5年前に貰ったC310が起動しなくなって、1ヶ月。
原因は、バッテリーの劣化と予想。
交換できないかな、と試しにバラしてみた。

ビス隠しのゴムキャップを、マイナスドライバーでこじって外す。
Dscn4141

現れたビスすべてを緩めると、ご覧の通り。
ビスは、裏蓋4本,底蓋2本の計6本。
Dscn4142
Dscn4143

バッテリーは、Li-ionの3.7V,1200mAh。
使用環境は40℃以下でないとダメみたい。
50℃超の真夏の車内に放置したのがマズかったか。
Dscn4144

コネクタに貼ってあるテープを剥がして、コネクタを抜いてみる。
Dscn4147
Dscn4148

バッテリー本体は、基板に両面テープで貼り付けてある模様。
基板を押さえてバッテリーを引っ張ると、バリッと剥がれた。

バッテリーを外したは良いが、代わりのものは入手できるのか。
しばらくぐぐったら、
・サイズ同一(50×38×5mm)
・コネクタ形状も同じに見える
・容量だけ微増の1230mAh
というものを、以前デジカメのバッテリーを買ったROWAで見つけた。
同じMioの、P350のものらしい。
価格は¥1,200。

取り寄せると、容量の他は、ケーブルの長さだけ違うことが分かった。
旧品:35mm(画像上)
新品:25mm(画像下)
Dscn4149

ケーブルの差は、配置で解決できた。
固定は、元の両面テープをそのまま使う。
数日放置しただけでは粘着力が落ちない、高い品質だ。
Dscn4151

コネクタにも再度テープを貼って、蓋を閉じ、ビスを締める。
ピロリン♪と聞き覚えのある音と共に、起動した。
Dscn4152

やったー、¥1,200で復活!
地図は古いけど、現在地が分かるという機能が重宝するんだよね。

|

« 用水路づたいに | トップページ | 63鞍目、やはり躓いていた »

コメント

Makoさん>
意外とバラしやすくて、びっくりしました。
素人でも何とかなることが、偶にあります。
お役に立てれば良いのですが。

投稿: そーいちろ | 2012.07.13 00:29

うみゅ。じっくり見ました。わはは。
何かの時のために、こういう解決方法を、
頭の隅に入れておきます。

投稿: Mako | 2012.07.12 23:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 用水路づたいに | トップページ | 63鞍目、やはり躓いていた »