« 長野逃避行 | トップページ | 第28回 群馬トレイルレイドの手伝い(主にカメラマン) »

スタッドレス偏磨耗

ずるずると引き延ばしてきた、スタッドレスから夏タイヤに換える作業をようやく終えた。

気温30℃以上だと、鈍感な自分でもトレッド面がネチャネチャ&ブニャブニャしている感触がシートを通じて判り、どうにも気色悪い。
それを逆手に小さなコーナーでズリズリ滑らすのも悪くはないが、いつか一気にグリップを失って事故りそうだ。
このまま次の冬の交換時期まで使おうかとも考えたが、やはり安全を考えて交換した。

交換を終えてスタッドレスを見ると、右側の前後輪の内側のサイプが消えていた。
「偏磨耗してるのでは?」という感触は、運転中の妙な振動から既に感じていた。
それらがイコールで繋がるかどうかは判らないが。

夏休みの旅行で高速道路&ワインディングを多用するから、そこでの感触で今後の方針を検討するか。

注)画像左が車体右側(運転席)タイヤ,画像右側が車体左側(助手席)タイヤ
Dsc_0046

|

« 長野逃避行 | トップページ | 第28回 群馬トレイルレイドの手伝い(主にカメラマン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長野逃避行 | トップページ | 第28回 群馬トレイルレイドの手伝い(主にカメラマン) »