« 第28回 群馬トレイルレイドの手伝い(主にカメラマン) | トップページ | 鳥海山麓にて »

鳥海山麓へ

今週は、夏休み。
東北は日本海沿岸へ、長距離ドライブ。
ETC割引半額の効く早朝4:00前に、関越花園I.C.突入。

関越終点のさらに北、日本海東北道の北端に着いたのは7:30過ぎか。
料金は、眠い目をこすった甲斐あって、たしか¥3,200。
下道は、素直にR7を北上する。

羽越本線府屋駅で休憩。立派な瓦屋根の自転車置き場に羨望のマナザシ。
Dscn4177
Dscn4176

鼠ヶ関港に立ち寄る。
イカ、干しまくってた。カモメも並びまくってた。
Dscn4187

近くの店で、軽く食べることに。
岩牡蠣¥500/個と聞いて、うひー高ええと拒否反応を示したが、ヨメの食欲には勝てず。
牡蠣だけで¥1,500が飛ぶ。
¥1,000/3個は一部地域だけなのか。

食後、灯台までの周回散歩コースを歩く。
Dscn4184

再びR7へ。
交通量と信号少なく、高速道路と似たペースで快走。

11:00、酒田市到着。
郵便局で軍資金補充。旅の途中の郵便局は、地元民の懐に入り込んだ感覚がする。
Dscn4189

ヨメが「昼は魚貝類」と煩いので、酒田港へ。
最近流行の観光市場で、刺身定食を食す。
Dscn4194
画像では美味そうに見えるが、はっきり言ってみかけ倒しなので、この店はおススメしない。
注文システムも、無駄に行列作らせるものだったし。

酒田港からは、飛島への船が出ている。
運賃表見ると、意外と安い。ひょいと行ってみたくなる。
Dscn4191
Dscn4190

数日前、今さらながら「おくりびと」を視た。
そのロケ地があることを知り、1ヶ所だけ寄ってみた。
主人公の勤める、納棺会社の社屋だ。
Dscn4196
映画で視るより、内部は狭い。
広角レンズとアングルの効果なのかな。
Dscn4199

R7を少しだけ北上し、象潟駅の近くで買い物をした後、県道312号線を東へ。
鳥海山を巻くようなカタチに走る。
駅からすぐに高度を稼ぎ、高原となるので、風が気持ちよい。すぐさまエアコンOFF。
Dsc_6076

普通は、県道32号線を由利高原経由で進むものらしい。
「近いから」と冬季通行止めの312号線を進んで行ったら、道幅一車線&一部未舗装。
Dscn4212

日本海沿岸から30km余り、着いた宿は鳥海山麓。
「すべての部屋から鳥海山が望めます」というのが売りだが、空模様悪く望めず。
Dscn4213

|

« 第28回 群馬トレイルレイドの手伝い(主にカメラマン) | トップページ | 鳥海山麓にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第28回 群馬トレイルレイドの手伝い(主にカメラマン) | トップページ | 鳥海山麓にて »