« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

シメ

そろそろ屋外で体を動かしても平気かも。
自転車はキツイから、バイクにしよう。

エンジンかけずに1ヶ月を越えてしまった。
セルの駆動音は若干弱々しかったが、無事始動。

雨上がりの路面で車体を汚したくは無い。
カラッカラに乾いた平地の道を選んで、東秩父村まで。

10℃を越えた外気温に厳冬期用ジャケットを準備したから、寒さは感じない。
風も弱い。

トイレと自販機のある、小さな休憩所で一服。
Dscn4824
往復70km未満のチョイ乗りで、今年は締め。

| | コメント (0)

ケッテンクラートをレストアしたヒト

旧車雑誌「Old-Timer」の別冊2輪版をコンプリートすべく徘徊していたら、「ケッテンクラート解体新書」はいかがですかダンナ、と呼び止められた。
チミはどこまで俺のシュミを把握してるんだよ、amazon君。
まさかこの記事も読んでるのでは?

で、まとめて購入。
Dscn4846

個人のレストアブログを基にした120ページの割りに¥2,500というのは高いとも思ったが、ほぼカラー写真ゆえに満足度高し。
しかもマイナー車両だし。
シュビムワーゲンorキューベルワーゲンならば、現代のVWファンも獲得できたのかなあ。

基本的に「動く車両」を買ってきてるので、レストアという言葉が適切かどうかは知らんが、履帯(俗に言うキャタピラ)を全バラにしているのは賞賛に値する。

エンジニアとして気になったのは、ミッションのベアリングを発注する際にベアリングの寸法だけで型式を指定していること。ホントは定格荷重の確認とか、さらに寿命計算とか必要なんだけど。。。クルマ屋さんならネットだけに頼らず、メーカーに問い合わせて欲しかったわ。
メーカーのカタログなら、猿でも分る計算式が載ってるし。

| | コメント (2)

秩父、雪っすか

XR出したいなー
明日から休みだけど、病み上がりだしなー。
家の掃除もせにゃならんしなー。
むむむう。
R140_ohtaki

| | コメント (0)

ドコを飛んでいる? ドコを走ってる?

体調快復せず。
「気管支炎や肺炎に成長せんようにね」と、医師から注意を受けるほど。

当然、週末には何も出来ず。
庭に出て、気まぐれにシャッターを切るくらい。
4発ジェットか。。。
ここは民間航空機の航路ではないから、自衛隊機だろうけど。
Dsc_6231
暇に任せてネットをぶらついていたら、
「flightradar24」なるサイトを見つけた。
鉄道もか。。。

あいちーの世界って、すごいなあ。。。

| | コメント (2)

時計バラシ

熱を出して、2日も仕事を休んでしまった。
抗生物質効きまくって、今日は調子が良くなった。
念のため外に出るのは控えて、室内のガラクタ整理。

その中に、2個の目覚まし時計が在る。
ほぼ同時に動かなくなったそれらは、共にカシオ製。
捨てる前に、バラしてみよう。

1個目は、都内通勤のバックアップとして買ったもの。
寿命は、ほぼ7年間。
Dscn4803

中は、スカスカ。大きな文字盤と機械式ベルのために、このサイズが決定されたことが分る。
Dscn4804

目覚まし停止スイッチ(左)とムーヴメント。
Dscn4805

ねじ固定は、ここまで。
あとは小さなカシメなので、バラすというより破壊しなければならない。
Dscn4807

ベルは金属製の単純な部品なので、何かに使えそうでもったいない。
Dscn4808

モーターは電池を繋いで、生きていることが確認できた。
これも、もったいない。
Dscn4809

電池ケースは、別体式だった。
Dscn4810

照明用のムギ球。まだ、LEDの時代ではなかった。
Dscn4811

ベル,モーター,電池ケース,ムギ球は保管しておく。

2個目は、16年前ラリー用に買ったもの。
当時日常の目覚ましは、FMラジオに頼っていて、朝5:00に起きる必要のある、一週間のラリーのためにわざわざ買った。アラームの鳴る腕時計も持ってなかったし。
Dscn4812

ねじ4本で、全バラ。さすがに隙間が少ない。
Dscn4815

ムーヴメントは、1個目(右側)とほぼ同じ。
基板が若干異なる。
保管しておきたい部品は無いな。捨てよう。
Dscn4816

さて、保管した部品は何に使おう。
すぐに思いつくのは、携帯用扇風機かな。

| | コメント (0)

ニーシンガードの補修2回目

7年前に交換したゴムベルトが、またびろーんと伸びてしまった。
数年おきに同じ作業が必要、ということか。
Dscn4800

同じ店で、同じゴムを買ってきた。
違うのは、値段だけ。
¥500に値上がってた。
これを2個使う。
Dscn4801

前回同様に、マジックテープの部分だけ再利用。
Dscn4802

先日川越行った帰りに、RSビートルで値段を確認したら、¥3,000以下だった。
ゴム代¥1,000+労働力を考えると本業で稼いで新品買う方が効率良いのだが、手慰みっつうのが必要なのよ、俺の生活には。

| | コメント (0)

フロントバッグ

昨日買ったフロントバッグについて、もう少し詳しく。

前から。
Dscn4792

後ろから。
後ろのポケットは、現代ならケータイのスペースだろうな。
当時は何入れてたんだろ。
Dscn4793

下から。
Dscn4794

ロゴマーク。
Dscn4798

リベットから、緑青が噴いていた。
Dscn4797

穴が抜けてないよ。
ホントに新品だ。
Dscn4796

マップホルダーの内側は、アルコールで拭いたらソコソコきれいになった。

拭く前。
Dscn4790

拭いた後。
Dscn4791

ポケットのフラップを留める白いゴムは、同色のものに替えたいなあ。

| | コメント (3)

白鳥と部品交換会

先月のオフ会の参加者taboomさん主催の、ショートツーリングに参加。
伊佐沼バヴァルダージュという部品交換会が始まる前に、軽く白鳥見に行こうという趣旨で。

川越市の伊佐沼公園にクルマをデポ、川島町の越辺川河畔まで10km+α。
↓白鳥の飛来地は、おおよそこのあたり。

大きな地図で見る

二つの川が合流し、流れが緩やかなところ。
Dscn4773
Dscn4775
Dscn4777

白鳥の記憶を掘り起こしてみた。
3年前は館林市多々良沼、2年前は霞ヶ浦のコブハクチョウを見たな。

降りた砂浜には、どこかで見たミニベロ。
先月のオフ会主催者Makoさんが待ち構えていた。
ほんの少し談笑して、お別れ。

伊佐沼までの帰り、木製の沈下橋を渡る。
越辺川を渡る、八幡橋というらしい。
Dscn4783
ここは坂戸市に入るのか。
Dscn4784
周辺を地元の方がゴミ拾いしていた。
ありがたや、ありがたや。

伊佐沼公園に戻って、部品交換会の見物。
「自転車に特化,ジャンル問わず」と謳うが、ランドナー,クラシック系が多い。

自分の自転車趣味は、ジャンルを固定していない。ただ、走る場所に合わせて車体や用品を買っている。だから、使い道の分らない部品を見てても、なかなかに楽しい。

気になった品は、ゼファーのミキストフレームとSchottのピーコート。
それに、マン島の紋章が入ったピンバッヂ。
ピンバッヂなら買ってもいいかと値段を聞くと、ピーコートより高い。マニアではないから、そこまで出せんわ。

結局、フロントバッグを買ってしまった。
70年代のオニツカタイガー製。
新品、¥3,000なり。
PANTOには似合わないから、一眼レフを入れるカメラバッグにしようかな、と。
そのためには、ストラップ用D環付けるなど、小改造が必要だが。
Dscn4787

昼、皆でうどんを食べて、先にオイトマ。
taboomさんはじめ参加者の皆さん、ありがとうございました。
Dscn4786

| | コメント (6)

静岡は美味しい(2)

チェックアウト後に撮った、ホテルの全景。
スペイン料理店が併設されている。
周囲にはいちご農園と神宮しかないのに、何故こんなところに建てたのか。
Dsc_6210
外観同様、中身も古い(清潔ではあったけれど)。
記念日なのにこんなところ使うなよ、と赤の他人に非難されても仕方ないレベル。

朝食は、5年前にも訪れた小川港で。
土曜日以外は、朝7時から開いているのが嬉しい。
関東の旅番組にあまり出てこないのも、レアキャラ風味があって嬉しい。
Dscn4770

かつお定食と中トロ定食、それにマグロのカマ焼きプラスした。
カマ焼きが絶品だった。焼きモノが旨い店って、なかなか少ないんだよね。
Dscn4768

漁のない日曜、初冬の朝ということもあって、店内はガラガラ。
食後のお茶を飲んでるとき、店内のTVで中央道の事故を知る。
このときはまだ原因が崩落ということは知らず、いつもの玉突き事故かと思っていた。
Dscn4769

甲府から中央道を使うことを考えていたが、それが使えないとなると雁坂・秩父経由か、東名か。
往路と同じ道は行きたくない。
ヨメが飼い猫が心配だというので、スピード重視で東名を選択。

焼津I.C.に向かうとき、火災発生をラジオで知る。
79年の日本坂トンネルと同じにならなきゃ良いけどな。

「崩落」という言葉を聴いたときには、事業仕分け→点検・改修作業削減→事故と即座に連想した。原因が別のものだとしても、民主党は痛くもない腹をさぐられるだろう。
Sasago_houraku_2
東名を最後の東京料金所まで走り、環八・関越道で13:00過ぎに帰宅。
このルートでも、3.5時間か。
環状線と外環を使ってたら、3時間かな。

| | コメント (3)

静岡は美味しい(1)

結婚記念日の旅行にかこつけて、実は5年前のリベンジ。
桜えびを狙って、由比港に到着。
ルートは関越&中央道、富士山の東をかすめ、東名は使っていない。
予想より早く、熊谷から3.5時間で着いた。

由比漁協「浜のかきあげ屋」にて、お目当ての昼食。
文句なし。絶品。
Dscn4749

クルマを由比港に停めたまま、商店街で土産の物色。
練り物と干し桜えびを大量購入。
Dscn4753

悲しいものを見つけてしまった。
Dscn4754

桜えび漁の歴史は、意外と浅い。
しかも偶然の産物。
Dscn4756

午後、三保の松原,日本平,登呂遺跡など、ベタな観光地を周る。
松原は意外と広く、気持ちが良い空間だった。
Dscn4757

松原へ行く途中、雑多な街から望む富士山。
Dscn4766

日本平から、35mmで撮った富士山。
Dsc_6194

登呂遺跡は、ガッカリ感多し。
Dsc_6199

建物のボロさ加減が怪しいホテルでの夕食は、スペイン料理。
パエリアの火加減には不満が残るが、他は皆旨い。
画像には無いが、デザートは自家製ブリュレ。
Dsc_6202

食後に静岡ローカルの旅番組を見ていたヨメが、ぽつりと言った。
「静岡って、美味しいよねえ」

| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »