« 74鞍目、歩度詰めろといわれても | トップページ | 埼玉県立図書館でこんな雑誌とDVDが »

キーカバーの自作

EYECASEのキーは、F800GSと同じキーホルダーに付けることにした。
そのとき心配なのが、むき出しのキー(金属部分)が周囲を傷付けること。
20代の私ならそんなこと気にしなかったが、できる気配りならした方が良い。些細なことで、モノは格段に長持ちする。

そこで、キーカバーを付けることにした。
最初¥100ショップで既製品を探したが、見つからない。
単純なつくりだから、余計な金もかけたくない。
そういや、先日サイフを買い換えたばかり。前のサイフはまだ取って置いてあるから、その革ででっち上げてしまおう。

キーがすっぽり収まるサイズの革を二つ折りにして、側面を縫い合わせて完成。
革細工用の糸は持ってないから、裁縫セットに常備してあるフツーの手縫い糸を使った。

運転してるときは、キーを完全に隠して。
Dscn5022

EYECASEを開けるときは、ニョキっと。
Dscn5023

|

« 74鞍目、歩度詰めろといわれても | トップページ | 埼玉県立図書館でこんな雑誌とDVDが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 74鞍目、歩度詰めろといわれても | トップページ | 埼玉県立図書館でこんな雑誌とDVDが »