« 交換タイミング | トップページ | 夜桜 »

キーカバーの再自作

ふと思い立って、レザークラフトの道具を買ってきた。
まずは、簡単な手縫いができればOK、というラインナップで。

ハンドミシン、針、糸。
ハンドミシンはすぐに必要ではないけど、使ってみたかったから。意外と安かったし。
糸は、蝋引きしてあるもの。
Dscn5067

ローラー、1本平目打ち、7本平目打ち。
7本は過剰だったかも。4本の方が、つぶしが効きそう。
Dscn5068

接着剤。
接着剤使うシチュエーションが多いというのは、意外だった。
Dscn5069

というわけで最初に練習台として選んだのは、キーカバーの再自作。
前回同様、バラした財布の革を再利用。
専用工具の目打ちを使うと、さすがに縫い目がきれいだ(画像左側)。
Dscn5114

かかった費用は、¥5,000弱。
ハンドミシンは、後にすればよかったかも。つい勢いで買ったんだよなあ。工具を目の前にすると欲しくなるのは、どのジャンルでも同じだな。

縫い方は、本も読んだけど、↓こちらの動画が参考になった。

|

« 交換タイミング | トップページ | 夜桜 »

コメント

taboomさん>

さすが、シブいところに目を付けましたね。
私も同じこと感じましたが。

投稿: そーいちろ | 2013.03.28 21:54

ああっ・・・!
私はこの動画を見てるうちに先生の指に惚れました。
美しい指であります。

投稿: taboom | 2013.03.28 01:38

>そのうちに役に立つ

役立ちそうな使い方を見つけてしまいました。
ひたすら直線縫いになりそうな予感。
GWの宿題にしようかと考えております。

投稿: そーいちろ | 2013.03.28 00:06

先の記事でありますが、
>シャレにならん方
そういう考えでありました。
>つい勢いで
わはは。イテッ。
手縫いで目打ち無しは厳しいものがありますもの、
そのうちに役に立つことと思います。

投稿: Mako | 2013.03.27 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 交換タイミング | トップページ | 夜桜 »