« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

再び十日町(1)

仕事の納期を無事にクリア、有休取得して三国峠を越えた。
150km程度なので、関越使わずに。
Dscn5276

昼食後、苗場スキー場近くの木陰で昼寝。
Dscn5278

「違うルートを走りたい」と選んだ魚沼スカイラインは、完全通行止め。
Dscn5282

温泉は、前回と同じ。
今日もガラ~んとしてまっせ。
Dscn5288

新潟日報より、さらにローカルな新聞見っけ。
Dscn5284
Dscn5286

風呂上りに一眠りして、宿に移動。
夕食は、何年ぶりか(悲)の「寿司屋のカウンター」。
Dscn5293
あん肝,ノドグロなど、回転寿司ではお目にかかれないネタに集中砲火。
店主曰く、
1.冬のアンコウは高い。この時季は安い。アンコウの水揚げは、糸魚川が日本一(注:ぐぐったけど、ソース見つからず)。実は茨城にも回している。
2.この時季のスルメイカは、まだ子供。小さいが食感が柔らかく、成長した7月のものより美味しい。
。。。確かに、イカは美味かった。今まで食べたイカは何だったのか、というくらいに。
Dscn5294

| | コメント (2)

二ノ宮山

二ノ宮山に登ろうとしてクルマを停めたとき、池の周りに散策路を見つけた。
Dscn5257

「爆音機」ってなんじゃ?とぐぐってみたら、ああアレかと納得。
Dscn5258

「慎重に」って、具体的にどうせよと?
Dscn5259
Dscn5260
Dscn5262

階段登って、舗装路に出た。
Dscn5263
Dscn5264

池を半周、200~300mで終わり。
それにしても、看板がうるさかった。

次に、二ノ宮山に登る。
道中、キアゲハやアカボシゴマダラが目の前をうろちょろ。
Dscn5270rev1

展望台より。
今日は見通しが悪い。
Dscn5271

往路とは別の道で降りる。
方向は同じだが。
Dscn5273
Dscn5275

| | コメント (3)

受傷後3週間の診断

レントゲンで見ると亀裂はまったく目に明らかなれど、端の部分(関節に近い方)は若干骨が生成されつつある。。。という見立てにより、自宅ではギプスを外しても良いという許可が降りた。

また、受傷した左手自身で握る動作はしても良いが、右手を使って左手に荷重を加えるのはNGという指導も。

比較的安全な自宅内でのわずかな自由が得られたのは嬉しいが、素人目に見ると骨はほとんど生成されていないように見える。。。派手に動かしても良いのは、やはり梅雨明けかな。。。

| | コメント (0)

日帰り十日町

山で、新緑に囲まれたかった。

ぼーっと運転してたらI.C.を降り過ごし、谷川岳P.A.まで来てしまった。
谷川岳山塊は、まだ残雪が多い。
Dscn5245

以前来たことのある店でうなぎを食べたかったが、ちょうどランチタイムを外れて、準備中の札が。

代わりに、その近所でへぎそばを食す。
布海苔の香りが芳しく、旨い。
Dscn5247

十日町市街を覗いてから帰ることにした。
とりあえず十日町駅へ。
Dscn5251
Dscn5250
Dscn5249
↓いいダンナさん見つかると良いね。
Dscn5248

駅で配布している観光マップで、帰路に日帰り温泉があることを知る。
寄ってくか。
Dscn5252
こじんまりして客数ほどほど、源泉かけ流しは嘘ではなさそうな良いお湯だった。

温泉から国道へ、往路に通ってない道を抜けようとしたら、軒並み通行止め。
地元の方に道を尋ねると、まだ雪に埋もれているのだそうな。
Dscn5254
仕方なくまた温泉まで戻ったところで、もう腹が減った。
そばは、消化が良すぎる。
昼に逃したうなぎをいただいてから、帰宅。

↓今日の新潟日報の、かわええ記事はコチラ。
Dscn5256

| | コメント (3)

早く治すために

なるべく早く確実に治すために、昔買った本で知識を確認した後、それが古く誤った知識となってないか、軽くぐぐった。
Dscn5243
即ち、
・カルシウムの摂取
・ビタミンDの摂取
・日光(紫外線)
・運動
が骨の形成に必要だということ。

ただ、運動は「ジャンプや踏み込みなど強い衝撃のある運動」が骨量増加に効果的とされており(骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2011年度版 p.16)「カルシウム・パラドックス」なる落とし穴も初めて知った。

とりあえず、以前より飲み続けている牛乳は寝る前に飲むようにして、この土日は可能な運動として1~2時間程度のウォーキングを行った。

問題は、平日に「日光の下の運動」がほぼ不可能だということだが。。。
どうすんべ?

| | コメント (3)

ニューサイが放出されてた

ブックオフにニューサイが放出されていた。
興味ある地域のサイクリングレポートが載ってるもの、数冊を選んで購入。

相変わらず枯れた内容で、安心した。
少なくとも、自分が初めて手にした20年前からスタイルが変わらない。
よくもここまで変わらずにいられるものだな。。。
Dscn5241


| | コメント (2)

第5中手骨骨折

第5中手骨骨折

受傷から4日目、整形外科で診てもらった。
診断は「第5中手骨骨折」。
折れた下画像の赤線のように、ぱきっと割れていた。
Mb50408

保存療法で、6週間を要するとのこと。予想通りだ。
骨の軸方向に折れているということは、接合面積が大きくズレも生じにくいので、治りやすい。

ギプスは半身だけで、着脱可能。
風呂に入るときは難儀せずに済むので、ありがたい。
Dscn5239
Dscn5238

初日の費用は、
・初診料
・レントゲン2枚
・ギプス処置
などで¥3,000弱。

昔はレントゲン撮ると¥5,000~7,000くらい払った記憶があるが、いつからこんなに安くなったのか。
デジタル化のせいかなあ。

| | コメント (3)

自己流骨折応急処置

開通したばかりの中津川林道を、ひさしぶりのXRで走った。
Dscn5230

三国峠まであと2,3km、と思われるところで転倒。
そんなに余裕の無い走りをしていたかな。。。

手の甲が痛い。
この痛さは、折れたっぽい。

一旦長野側に抜けて、舗装路で帰宅後、グローブ脱ぐと大きな腫れ。
十中八九折れてるわ、コレ。

以下、自己流の応急処置で固定した。

1.添え木は、要らない市議会報を折り曲げて、ガムテープで固める。
  ガムテープは1個でも茶色以外のものを用意しておくと、ビンボくさくならずに便利。
Dscn5233

2.患部(画像赤円内)の前後の関節をカバーするくらいの大きさに作る。
Dscn5235

3.伸びる包帯は緩まなくて便利だけど、必要以上に締め付けやすい。
  あまりテンションかけずに巻くのが吉。
Dscn5236

あとは、休み明けに信頼できそうな整形外科医に診てもらう。
できるだけ早く診てもらいたいが、救急当番医は専門医ほどの熟練ではないときがあるので、休日に無理に診てもらうことはしない。
出血が止まらないというわけでもないし。

| | コメント (6)

廃線跡の変貌

遅く起きた後、庭の草むしり。
むしってしまうと↓こういう光景がみられず切ないのだが、ご近所さんにも迷惑だしな。。。
Dscn5227_rev1

嫁が放置した家庭菜園には、大根の花。
こんな花を咲かせるのね。
Dscn5221

午後、所用で出かけて、異変に気付いた。
東武熊谷線の跡地が、車道として舗装されてる。。。!
Dscn5228

大幡中学校から北は、まだ未舗装。
Dscn5229

大きな地図で見る
いずれ車道になるのかな。

渋滞の迂回路として必要とは思えないから、遊歩道&自転車道を造って欲しかったな。
そうすれば、荒川CRと利根川CRを結ぶ道が出来たのに。。。

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »