« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

ビギナーとショップ巡り

同僚の女の子Kちゃんが、二輪免許を取ったと聞いた。
バイクを物色してる、とも。

某全国チェーンで見つけたその車両は、断片的な話を聞いた限りではナカナカのボッタクリ価格。
ローンの金利も、「いや、もっと低いところ探そうよ」な値。

本当にボッタクリならばそれを阻止すると共に、高額な他人の買物を一緒に楽しませてもらおうと、もう一人のバイク乗りT君とこれから免許取りたいという若者G君と3人で、彼女に買物に付き合わせてもらうことになった。

店に入って実車を見ると、ボッタクリ決定な外観。
錆び多し、転倒傷多し。
しかも、店の営業担当が嘘八百。
「立ちゴケの傷がありますけどね~」
って、この傷は明らかに数10km/hでコケて、20mほどスライディングしてるぢゃねーか。
その他あからさまな嘘多数で、聞いてるこちらが恥ずかしい。

「もう少し考えた方が良いよ」
と引き上げようとすると、既に売買契約を結んだようなこと言い出した。
いや、契約書類にハンコも押してないし、買う意思も示してないでしょ、このコは?
まだこちらは買う気ないよとまくし立てて、引き上げた。

21世紀だっつーのに、未だにこんな商売してるのか。
黒い噂は私が免許取った頃から囁かれていたが、本当に真っ黒だった。

気を取り直して、別の店へ。
私が時々、純正部品を手配する店だ。
先刻と同一車両が、はるかにきれいな外観&はるかに安い価格で鎮座していた。
ただ、彼女の購入の決定打にはならず。ホイールの色が気に入らんのだと。ま、色は気になるよね。
一晩考えましょうと、引き上げた。

ナップスで小休止後、最後はG君の希望でトライアンフを見に行った。
ここでスラクストンの実車を見て、G君かなりお気に入り。
先刻チェーン店で見たスポスタなんて、目じゃないと。

輸入車故高価だが、この店ではサービスに相当力を入れている様子。
レバー1本折れたときでも、陸続きの場所ならすぐに駆けつけると。
そういやKTMもそれに近いサービス体制だったような。
日本ではマイナーなメーカーは、それくらいやらないと販路拡大は難しいのだろうな。

G君は本当に買いそうな勢いだったが、冷静に「検討してみる」と。
とりあえず普通免許だけでも取ってきなさいよ、と電車帰宅のメンツを駅まで送っていった。

| | コメント (0)

小田原途中下車

今日は帰宅するだけなので、のんびりスタート。
朝食後に、朝風呂入ったりして。

ホテルは、観光温泉ホテルだ。
風呂でもロビーでも、富士山が拝めた。
P8240053

ホテル同様、最寄の大仁駅も昭和だった。
P8240055
↓特に、このあたりが。
P8240057

三島~修善寺間の車両は、世界遺産記念のヘッドマーク付き。
P8240061

小田原の隣・早川駅前で昼食。
キンメの煮付け定食が旨い。味噌汁も漬物も、手を抜いていない。
連れのあじたたき定食は、量が不満の様子。
P8240065
P8240064
P8240063

同じく駅前のカマボコ屋で、ヨメへの土産を購入。
ただの販売店かと思ったら、工場併設だった。
P8240066

小田原港に直結状態だから、降りる価値アリの早川駅であった。
P8240067

小田原駅から新幹線に乗ると、そこは東京も同然。
旅が終わり、少し寂しい。

| | コメント (2)

隣の芝生

予想外に仕事が長引き、一泊のはずが二泊に延長。
昨夜のホテルに、再び宿泊予約。

宿が決まれば、あとは呑み食い。
二日連続で呑むなんて、自分としては非常に珍しい。
このあたりに詳しい連れの案内で、修善寺の小料理屋へ。

呑んでるとき、駅から取引先への道について話した。
川と山に挟まれた、ちょうど長瀞を少しだけ狭くしたような雰囲気で、自転車やバイクで走ると楽しかろう、と。

ところが、駅までの送り迎えをしてくれた取引先の運転手さんは
「ここは空が狭いんですよね。東京に行くと、空が広くて気持ちいいです」
と、少し不満げな様子。

連れは、
「平地には、平地なりの楽しみがあるんですよ」
とのたまう。

うーん、山に囲まれていると生活が不便なこともわかるけど、せめて四方のうち一方だけでも、自宅から数km以内に山が欲しいよ。

| | コメント (2)

昭和な伊豆

急な出張要請、伊豆の取引先へ向かうことに。
だが、なかなかホテルが取れない。
三島駅前のビジネスホテルは全滅。

あまりの混雑ぶりに、最後にかけた問い合わせの電話で訊ねると
「繁忙期だから」
まだ夏休みなヒトも、たくさんいるワケか。
結局、ホテルは修善寺の手前・大仁に見つけることができた。

予定より遅れて、19:00過ぎに三島着。
「トイカ」の表示を見て、異国感が湧き上がる。
ここは関東ではないのだ。

三島駅前の、連れが見つけておいてくれた居酒屋で、小宴会。
ホテルで明日の仕事の予習をする予定だったが、まあいいか。
それは新幹線の中で、ほぼ済ませておいたし。

駿河湾の魚と愛鷹牛を堪能してたら、もう21:00過ぎ。
関西風味な伊豆箱根鉄道の車両に乗り込み、乗車時間は30分。

座席のビニールカバーは、デパート屋上の食堂のテーブルを思い出させる。どことなく昭和だ。
P8220005

着いたホテルも、もろ昭和な空間。
P8220006

| | コメント (2)

何でもかんでも

うげ、とうとうこんなモノまで。。。
実車名入りつーことは、コラボってやつ?

今までこのテのものは肯定的に見ていたのだけど、コレは微妙にイラッとする。。。
何でもかんでも女の子と組み合わせるんじゃねーよ、と。

でも、中高生が対象だから仕方ないかも。。。いやいや、若いんだから3次元追っかけろよ。

| | コメント (0)

三尻か三ヶ尻か

熊谷市の外れ、三ヶ尻のあたりをぶらぶら。

旧三尻村の道路元標。
Dscn5699

元標の周囲。松と郵便局が、いかにも村の雰囲気。
Dscn5700

用水路の近くにたくさん飛んでた、シオカラトンボ。
Dscn5701

「直実」を製造・販売している、権田酒造。
Dscn5705
Dscn5706
瓦の屋号は、何故か山田。
Dscn5707

権田酒造の前に放置されたままの、500円玉の使えない時代の自販機。
Dscn5713

地形図眺めてて見つけた、秩父鉄道・三ヶ尻駅。
貨物専用。
Dscn5715
Dscn5716
Dscn5717

貨物線のそばにひまわり。
Dscn5726

「親方ー! 空から雛鳥が!」
Dscn5735

この高さ(1mくらい)までしか飛べない模様。
Dscn5737

ヒヨドリかなあ。
親が迎えに来たので、放置して帰宅。
Dscn5739

| | コメント (2)

猛暑のスキマ

日の入り前に、窓の外が薄暗くなる。
但し、夕立は来ない。
1時間弱、自転車で近所を流す。
Dscn5676
完全な日の入り前までが、貴重なスポーツタイム。
この猛暑の日々では。
Dscn5686r
一昨日までは、庭の草むしりタイムだった。
ある意味、それもスポーツ。
どちらも、汗たっぷりかける。


| | コメント (2)

獣と蜂

これはライオンなのかなー。。。
前から見てみたかったなー。。。
つーか、暑くないの? このとき35℃は超えてるはずなんだが。
Dscn5664

ガレージにスズメバチの巣が出来てた。
ボーリングのボールもしくは小玉スイカ。。。よりひと回り小さい。
Dscn5665
Dscn5667

以前にも頼んだことのある養蜂業者に依頼して、殺虫駆除。
所要時間は、10分に満たない。

料金は¥12,000。
往復40kmの出張含めての危険作業だから、このくらいは妥当かも。
3万請求されるところもあるらしいし。

実は、今までに何度も作られている。
Dscn5668
Dscn5669
以上、一日だけ帰省した実家より。

| | コメント (2)

「マネーボール」読みながら

先日参加したビジネス研修で、講師から
「映画はクソつまらんけど、原作は面白いよ」
と軽く薦められた。
Dscn5663
只今1/3経過。
確かに面白い。

野球は興味ないしルールも知らない身だが、スポーツビジネスの話として興味深い。

午前中は、これを読むだけ。
昼にカレーを食べに外出し、帰宅後午睡。

14:00、室内の温度計は40℃ちょうど。
熊谷気象台計測値は、38.8℃だが。

お、花火の音が聞こえてきた。
まだ35℃を超えたままなのに、密集して見てるのか。
俺には出来んな。

・ヨメは一日外出
・屋外の活動は危険
な今日は、だらだら過ごすのが気持ちいい。

| | コメント (0)

土産話

終業後、急遽居酒屋で旅行の写真を見せてもらう宴を開いた。
同僚T君&G君が、それぞれカンボジアとタイに行ったので。

写真は、主にT君のアンコールワット周辺だ。
「確か12世紀の仏教寺院だったよなー」くらいしか知識の無いまま見せてもらうと、物語のレリーフから目が離せなくなった。
特に、当時の道具。馬具などは、ハミはあるけど、鐙が無いとか。馬車の車輪が、スポークのあるタイプだとか。

ひととおり見終わったあと、G君がぽつりと呟いた。
「ウチの会社だと、こういう旅行行くヒト少ないんですよね」

同僚と書いたが、彼らは部品メーカーから長期出向に来ている身だ。
彼が言うには、私の勤務先の社員はアクティブで、旅行に行く人が多いという。

「こういう旅行の話しても、反応が薄いんですよ。それで、行き辛くって」

有休が取り辛いとかそういう話ではなく、個人の趣味として認められてないというか。。。
何故そんなところ行くの?みたいな反応らしい。

経済的な事情では無いようだ。
地方の工場で製造技能者が多く、その多くは農業との兼業。
その生活の間には、遠い国の遺跡に想いを馳せることは無い。
パチンコや酒で余暇を過ごすことが多いのか。
2人が身軽な独身であることも、大きな理由かも。

この話を聞いて、高校卒業のときを思い出した。
就職率90%以上の底辺で、県外に出たのがクラスで3人だけ。私は、そのうちの1人だ。

せっかく経済的自立が出来るというのに、何故しないのか。
他の世界を見たくないのか。
やりたいことはやっておいた方がいーぢゃん。

県外に出るという話しをしたとき、地元残留の1人が言った。
「そーいちろは、夢見てるからなー(プププ)」

そうか、人種が違ったのか。
高校3年間男ばかりで気兼ねなく過ごしてきたから、勘違いしていたよ。

就職して2年後、都内で再び学生生活を始めた。
底辺高校のバカが大学出るのは大変だったけど、18歳の決断は間違っていなかった。
あの町を出て、良かった。


↓T君の土産。カンボジア特産の塩。彼らしいコダワリが嬉しい。
Dscn5662

| | コメント (2)

倉渕はいつも雨

ざっくり北の方という考えで関越乗って、上信越道・富岡I.C.で降りた。
県道48号線の途中で、早くも休憩。
妙義は霞んでいる。
Dscn5628

松井田城址の看板見つけたので、行って見た。
Dscn5632

が、登るの面倒になって、引き返す。
Dscn5633

山城だから、城下(?)まで遠すぎ。
Dscn5635

旧倉渕村を通る。
JAFのレッカーと数人の人影が見えたから、注意して見るとGSX-Rが田んぼにずっぽりはまってた。しかも直立状態。
Dscn5636

昼飯食いがてら超近所の食堂のおばちゃんに訊くと、
「さっきやったばっかだよ。
 道路と田んぼの間の側溝にはまったんだよ。
 乗ってた人は病院に運ばれたよ」
Dscn5637

食堂から数百mの田んぼには、島のような岩。
Dscn5639
Dscn5640

北上したら、雨が降ってきた。
↓ちょうどこのあたりから。
Dscn5645

以前も、このあたりで降られて、引き返した。
今回も引き返す。

↓再び松井田あたり。
Dscn5647

高速使わず、埼玉突入。
ついでに、土手の上で遊ぶべ。
Dscn5649

道が草に埋もれてた。
そういやこのルートを使うのは、春か秋が多かったな。
Dscn5650

道の駅岡部に寄り道。
この時季限定のジェラート「みらい」にありつく。
Dscn5651
今日は田んぼのGSX-R含めて2件も事故を見たけど、自分は無事帰宅。

| | コメント (4)

一晩泊めた

昨日は、珍しく自転車で通勤した。
帰宅して、忙しさにかまけて草茫々の庭に入り、玄関内のラックに自転車を吊るしておく。

そして、今朝。
後輪に掴まったまま、夜を明かした客を見つけた。
Dscn5624
Dscn5625

| | コメント (2)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »