« 群馬県畜産試験場公開 | トップページ | 旭川のベーコンが忘れられない(2) »

旭川のベーコンが忘れられない(1)

先日の高崎ハムのベーコンでも充分、勝るとも劣らない。
が、ここは作って見ようではないかと思い立ち、着々と準備を進めていた。

レシピは、以下の本と個人のwebサイト
Dscn6285

肉は、550gのカタマリ。
それを2等分した。

調味料は、塩,ブラックペッパー,ローリエのみ。
本によってはハーブや生姜なんかも使っているが、まずはシンプルに。

肉にフォークをブスブス突き立てた後、調味料(量は適当)を擦りこんでビニール袋に密閉、冷蔵庫の中に5.5日間放置。
Dscn6263

今朝冷蔵庫から出し、塩抜き開始。
流水で表面の塩を洗い流し、水を満たしたタッパーに肉を入れ、30分毎に水を交換。それを3時間後まで続ける。

次に、乾燥を施す。
せっかく干し網があるので、日中の湿度低い時間は外に干しておいた。
時刻は、14:30-20:00まで。
夜は、冷蔵庫に放置。
Dscn6267

ところで、今回は根本的な間違いをしている。
肉が、豚のヒレ肉なのだ。
「豚のブロック、豚のブロック」とスーパーの精肉コーナーを彷徨っていたときに、これしか目に入らなかった。
いや、明らかに豚バラのブロックがなかったんだよねえ。
気付いたのはスーパーの駐車場で、会計を済ませた後。
返品せずに、ま、いいやと勢いで帰ってきてしまった。

|

« 群馬県畜産試験場公開 | トップページ | 旭川のベーコンが忘れられない(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 群馬県畜産試験場公開 | トップページ | 旭川のベーコンが忘れられない(2) »