« 秋は終了 | トップページ | F800GSの奇妙なサイドスタンド »

富士山麓にGS集結

すこーんと晴れた富士山の麓まで、
Dscn6395
ショップのトラックにF800GSを載せてもらって、
Dscn6396
やってきました、GS Fun Ride。
Dscn6412
Dscn6408

レースではなく、単なるフリー走行会なんだけど、ビギナーのためのミニトレーニング(ライディングスクール)があったり、GSトロフィーの日本代表最終選考会があったり。
Dscn6457

Dscn6455

GSみたいな重いバイクで久々のコース走行は非常に不安なので、先着30名限定のミニトレーニングに申しこんでおいた。

着いて早々、ミニトレーニング開始。その内容は、
・とりあえず路面に慣れるため、大きく円を描くようにぐるぐる。
・すり鉢状の地形を下って上って。
・緩く1本線のスラローム。
・リアブレーキロック体験。
の4本立て。

すり鉢下りでエンスト&サイドスタンドのバネ外れという恥ずかしい体験もしたが、たいしたこともなく無事終了。

ヒルメシ前に時間が空いたので、ビギナーコースぐるぐる。
Dscn6406
緩やかな斜面に緩やかなジャンピングスポットとひとつのバンクを合わせた、易しいコース。1個ぐらいヘアピン欲しかったかな。

路面はほぼドライで、締まった表面に小石が多く、滑りやすそう。
2周走ってずるずる滑ることを確認、コースアウトして空気圧を1.5kg/cm^2に落としてもらった。
ここでは企業出店ブースが数社あり、そのうちの1社で空気圧調整をしてもらえるのだ。超便利。

グリップ増し増しで、滑らずに少しずつペースを上げた。
2,3台抜くうちに自分のペースを決めて、維持することに専念しておいた。
ジャンプも、すべてナメる。
とにかく、臆病に走った。
重いのコワい、怪我もコワい。
そのまま30分ほど走行して、終了。

メインのチャレンジコースは、今回はやめておいた。
今の自分では、調子に乗って、骨折りそう。
Dscn6409

昼食後、GSトロフィーの選考会を観戦。
貸与されたF800GSで、ほぼトライアルみたいなセクションをこなしていくというもの。
夏のふるい落としで選ばれた9名のうち、減点の少ない3名が世界大会の参加資格を得るとのこと。

転倒者続出のキャンバーターン。
Dscn6449

これまた転倒者続出のヒルクライム。
Dscn6446

下るだけなら簡単、最後に指定スペース内で止まるのが難しい、下りのステアケース。
Dscn6448

選ばれただけあって、皆上手かった。
「え、そのライン行けるの?」と、感心することしきり。
最後には、ホントのトライアル選手権を見てるかのように感動、楽しめた。

最後に、じゃんけん大会。
欲しかったものは取れなかったけど、使えそうな品物もらって帰って来た。
Dscn6451

エントリーフィーのことを記しておくと、
・走行会 ¥5,000
・ミニトレーニング ¥2,000
・昼食代 ¥1,000
の、合計8,000。
このテのイベントとしては、激安デフレ価格。
特に、ミニトレーニングの講師陣は、フツーこの金額では呼べないと思う。

|

« 秋は終了 | トップページ | F800GSの奇妙なサイドスタンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋は終了 | トップページ | F800GSの奇妙なサイドスタンド »