« 三年に一度の流鏑馬 | トップページ | 8年3ヶ月を経過したバッテリーが死んだ »

84鞍目、余裕が出てきて

今日のクラス分け(馬場分け)は、随分と贅沢だ。
イントラ一人に最大二人。
自分は広めの馬場に割り当てられ、レベルUPした気分。

二人組みでレッスン開始。
もう一人の後ろに付いて、いつもの軽速歩から始めたが、こちらは馬が大柄(=歩幅大きい)なので、気を付けないと
すぐに追いついてしまう。
しかも、向こうは牝馬。近付くと蹴られるからねと事前に忠告あり。
アクセルには気を使わずに、ブレーキと大回りのライン取りに気を使って走った。

比較的よく動かせるようになったと少し自信が付いたところで、スラロームのコーン登場。
単純な直線スラロームだが、以前やったときより難しく感じた。
コーンに触れたり倒したりすることはないものの、自分の狙ったラインが描けない。
馬が大きすぎるのか?

駆歩では、尻に気を使い、前回教えてもらった荷重分散を意識した。
意識はしたものの、まだ充分でないせいか、尻は軽くヒリヒリする。

今日の馬に限っては駆歩もすぐ出せるようになったし、レッスン時間の半分も過ぎると、余裕が出てきて考えごとが多くなる。
例えば、今日はこんなこと。
「毎回常歩から駆歩まで、歩様は変われど狭い馬場の中でぐるぐると走るだけ。だが、楽しくてやめられないのは何故なのか」
出てきた答えは
「バイクでサーキット走るのと同じ。1周ごとに課題が次々と出てくる。課題はタイムは当然のこと、姿勢とか合図とか。特に馬は生きもの故の反応が多く、毎回異なる反応が課題として浮かび上がってくる。それらの課題をこなしたときの達成感が楽しい」
といった感じなのだが、また次回は変わるかも知れない。
Dscn6677


|

« 三年に一度の流鏑馬 | トップページ | 8年3ヶ月を経過したバッテリーが死んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三年に一度の流鏑馬 | トップページ | 8年3ヶ月を経過したバッテリーが死んだ »