« まだ融けない | トップページ | 倒竹とは »

エクストレイル13年目,6回目の車検

先週予約したが、仕事の都合により一回パス。
今日は、何とか時間を作ることが出来た。

検査官による検査で、今までに無い
・シートベルト警告灯
・リアフォグランプ
をチェックされた。

シートベルト警告灯は前回2012年2月ではチェックされず、9月のミラのときにチェックされたから、2013年度から検査項目の見直しが行われたのかな。

それから、前回または前々回から、ユーザー車検の受検者に対して気遣いが見られるようになった。
自動車検査法人は2007年に職員の非公務員化したというから、それで体制(or態勢)を変えたのかも知れない。
ユーザー車検用レーンに並ぶと、今回何も言わずとも検査官が付きっ切りで教えてくれた。

前のヒトが検査NGになって、一時ラインが滞ったが、自分は何事も無く合格。

費用は
自賠責 ¥27,840
重量税 ¥30,000
検査手数料 ¥1,800
用紙代 ¥20
総額¥59,660なり。

自賠責が10%も上がってた。
2010年から比べると20%UP。
重量税下がったのに意味ないではないか、もー。

|

« まだ融けない | トップページ | 倒竹とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだ融けない | トップページ | 倒竹とは »