« ショックが1本抜けたとき | トップページ | F800GS初車検 »

F800GSバッテリーの怪しさ

従来ガソリンタンクがある位置のカバーを外すと、バッテリーにアクセスできる。
カバーは6本のトルクスボルト、バッテリー固定は2本のトルクスボルトを緩める。
Dscn6843

バッテリー端子の配線接続ボルトは、通常の六角ボルト2本。
トルクスではない。

純正バッテリーは、かなり安っぽい。
メーカー名も、生産国も記されていない。
巷で言われている通り、中華製の可能性濃厚。

バッテリーケースには、使用開始年月日と次の交換時期を記したラベルが入っていた。
交換は2012年9月推奨、寿命は2年、ということか。
Dscn6844

上面に、日本語のコーションラベルが貼られているのみ。
Dscn6845

剥がすとようやく「BMW」の文字が。
それでも、メーカー名・型式が書いてないよお。
Dscn6846

MADE IN JAPANに替えて、ひと安心。
Dscn6842

|

« ショックが1本抜けたとき | トップページ | F800GS初車検 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ショックが1本抜けたとき | トップページ | F800GS初車検 »