« 雪と梅の間には | トップページ | イマドキの軽ワゴンの使い勝手に驚く »

エクストレイルのショックアブソーバ交換

走行距離15万kmを目前にして、足回りも引き受けるという板金屋にショック交換を依頼した。
破れたダストブーツも一緒に、4輪分まとめて。
2,3日預けるのかと思ったら、1日で返ってきた。

支払いは、
 ショック ¥80,000
 ダストブーツ ¥9,400
 工賃 ¥37,000
の合計13万弱。

路面の凹凸をゴツゴツと拾うことは無くなって、換えた効果は感じることができたが、大枚はたく価値があったかというと、正直疑問符が付くところだ。

カローラが12万kmで抜けたことを考えるとちょうど良い頃合いかなとも思うが、1本抜けても急に走行不能になるわけでもなし、20万kmかまたは1本抜けるまで待ってから交換する方が良かったかも知れない。

・・・あと10万kmは乗らないとモトは取れないなー。

|

« 雪と梅の間には | トップページ | イマドキの軽ワゴンの使い勝手に驚く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪と梅の間には | トップページ | イマドキの軽ワゴンの使い勝手に驚く »