« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

ガレージを引き払った

同居の知人から、不動産屋への引渡し手続きがすべて終わったと連絡があった。
原状回復について、何もモメなかったという。
これで、12年を越える貸しガレージ生活が終わったということだ。

自分が借りていたところは、車1台分のスペースで¥10,000だった。
電気・水道は、途中から無料になった。
都市部に住んでいるヒトから見ると破格の安さで、おそらく羨ましがられるだろう。

しかし、不便なことも多かった。

バイクに取り付けたい大物部品は一旦クルマで運んで、それからバイクで向かう。面倒だな、と度々思った。

工具やケミカルは主にガレージに置いてたが、家にもちょっとした整備のために揃えておいた。
家で「ちょっとした整備」のつもりが予想外の規模に発展し、ガレージに置いてある工具が必要になったときは、これまた面倒だとストレスになった。

「あの工具はどちらに置いたか?」と分からなくなることも多い。

これから整備日程が天候に左右されることになるが、1ヶ所に必要な物がすべて揃い、前述のような不便さが解消されることに、今は安堵している。

| | コメント (0)

あてもなく直江津より

バイクはホテル入口の前、屋根のあるところに停められた。
晴れていても、この方が安心する。
Dscn7034

昨日の珈琲飲んだ店で、今朝は朝市が開かれることを訊いた。
7時からというので、7時ちょうどに行ってみると、これから店を広げるところ。
7:30になってもまだ開きそうにないので、出発した。
騙された感が否めないいいい。。。
Dscn7042
Dscn7041

ちなみに待ってた間の収穫は、この建物。
「直江津銀行」だったらしい。
Dscn7038
Dscn7039
Dscn7040

8:30、往路同様R292を南下開始。
妙高のあたりは、まだ完全な冬山だ。
Dscn7043

長野県に入り、飯山市北部での桜。
Dscn7046
Dscn7055
Dscn7060

地図を見ようと停めたら、長野電鉄屋代線の跡。
Dscn7062

先に進むと、放置車両。
Dscn7063

さらに進むと、廃屋同然の信濃川田駅。
Dscn7068
Dscn7070
Dscn7065
Dscn7066

駅は、バス停になっていた。当然乗るのは年寄りばかり。
Dscn7064

この先は、佐久・軽井沢経由のR18利用、藤岡~花園間まで関越で帰宅。
R140旧道は、熊谷警察がサイン会の準備中だった。

| | コメント (2)

あてもなく直江津へ

9時前に家を出てそのまま関越、10時に長野県上田市のツタヤ併設のタリーズで軽く朝食。
Dscn7003

ツタヤで、郷土出版物を漁る。
何度か訪れている地方について調査した、信州大学のレポートを購入。

Dscn7073

上田の住宅街に塚を発見。古墳っぽいなーと見てたら、やっぱり古墳だった。
二子塚古墳という。
Dscn7005
Dscn7006

古墳敷地内の「チェーンソーアート」だそうな。
Dscn7008

北上して、信州中野でヒルメシ。
Dscn7010

食後、さらに北上。
飯山市から新潟県新井市に抜ける。
そのために走ったR292は、低速コーナー少なく走りやすい。

15:00、直江津駅前のホテルに投宿。
予約無しだったけど、日曜だから当然空いてた。
それでも、隣のホテルも合わせて数台ツーリングの客がいたな。
Dscn7013

明るいうちに、夕食の店のあたりをつけるためにブラつく。

直江津駅は、寂れた駅前商店街と裏腹に新築立派。
Dscn7012

駅構内の掲示板。
セパタクローって、新潟ではメジャーなの?
Dscn7014

駅の反対側(南口)は住宅地。
Dscn7016

ホテルのある北口に戻って、ぶらぶら。
Dscn7019
Dscn7020
Dscn7025
Dscn7026
Dscn7027

神輿に遭遇。
神主が随行するなんて、厳格な神事らしいな。
その代わり、子供はまったくいなかった。
Dscn7030
Dscn7031

珈琲が飲める店が、一軒だけあった。
一杯飲む間に、ヨソ者の店主から街の話を訊いた。
「瀬○奈という魚料理の店は、ヨソ者だとぼったくられるよ」
いったい何があったのか。。。

昼食食べ過ぎたこともあり、夕食はイトーヨーカドーのお惣菜に。
全国チェーンとはいえ、佐渡フェアなるものを催しているところが新潟らしい。
佐渡飲むヨーグルトを購入。
Dscn7032

| | コメント (2)

ガレージを引き払う(4)

自転車2台とタイヤ&ホイール2set,その他諸々は、自宅との間を4往復して運び出した。
あとの手続きは、同居の知人が済ませてくれる手筈だ。

自宅の庭にはまだ捨てるべきものが選別せずに放置してあり、隣家から見るとみっともない格好だ。
これらを整理して、恥ずかしくない体裁を整えなければならない。

タイダウンベルトなどはツブシが効く道具なので捨てたくはないが、日常的に必要なものでもない。
こういうモノの収納が、いちばん困る。
Dscn7002


| | コメント (0)

1年点検とR nine T

F800GSの1年点検+αをショップに依頼した。
費用は、以下の通り。

1年点検 ¥11,000
EGオイル交換 ¥7,000
エアフィルタ交換 ¥4,500
ブレーキフルード交換 ¥6,500

1年点検だが、3年目のせいか前回より工賃UPしていた。
エアフィルタは部品のみ買って自分でやろうと思っていたが、つい勢いで頼んでしまった。自分でやれば半額だったのに。
ブレーキフルードも自分でやる予定は立てていたが、今のガレージ処理とGW突入を考えると数ヶ月放置しそうだったので、頼んだ。

待っている間、R nine Tを試乗した。
以前試乗したR1200GSと基本は同じエンジンで、出力/トルクはGSが15ps/6Nmほど上回るが、低回転からの加速が鋭くて楽しい。
峠楽しそう。

ツインらしい大きめの振動と音が気持ちいい。
ビーエムっていうよりドカっぽく感じる。
GSはスムーズ過ぎて、刺激が足りなかった。

車体はコンパクト、とても1200ccとは思えない。
軽くて、取り回しが楽。

余計な物を付けて太らせていないのが、気に入った。
RTのように「バイクにスピーカー付属」は下品だ。

デザインは、シンプル過ぎて物足りない。
ハーフカウルが付いてれば良いのに。

欲しくなった。
しかし、190万は高い。
150万なら買うかも。
Dscn6998


| | コメント (0)

ガレージを引き払う(3)

作業机とスチール棚の運搬は、後輩Y君に頼んだ。
報酬のヒルメシをご馳走した後、荷物の配置をしてみた。
PANTOが、常に前後輪外す上体になってしまったのは残念。
D7l_7633_2

ヒルメシの帰り道、スーパービバホームで2×4材を2本買っておいた。
サイズは、38×89×1820mm。
これで1本¥280というのはありがたいが、何か腑に落ちない。
Dscn6996_2

スモーカーを作ったときの残り、コンパネ箱をバラしておく。
バラしたコンパネ板は、2×4材と合わせて棚を作った。

棚の下には洋灯をブスブスねじ込んで、よく使うものや長尺モノをぶら下げた。
まだコンパネ端材や手入れのしていない農具が下に転がっているが、ひとまず日常生活送るところまでは仕上げた。
あとは、ガレージの残りのものを仕分けたら考えよう。
D7l_7637_2

D7l_7638_2

| | コメント (0)

ガレージを引き払う(2)

最も困ったことは、作業机とスチール棚2個の処分だ。
どれも家に受け入れるスペースは無い。
しかし、作業机は残しておきたい。。。と、考え込んでいたら、ひらめいた。
玄関に作業机を入れてしまおう。

スチール棚の中身は整理すれば半減し、小分けにすれば収納のアテはある。
しかし、作業机は工具として必要だ。
他に代えがたい。
ボール盤も据え付けなくてはいけないし。

スチール棚の処分は、家に持って帰ってから考えよう。
軒下にでも置いておけば良い。

方針は、決まった。
作業机とスチール棚から、不要品を選別しつつ荷物を降ろし、運ぶための準備を整えたところで、今日は終了。
Dscn6995


| | コメント (0)

ガレージを引き払う(1)

知人と共同で借りてるガレージを引き払うことになった。

1.不要品の選別と、保管場所による選別。
2.自宅収納場所の確保
を、平行して進める必要がある。

自宅収納場所は既に進めていて、戸袋をひとつ空けた。
今日は、そこにXRとGSのスペアシートを収めた。
スタッドレス用ホイールとスペシャのMTBは、実家に置くかな。

契約が4月末までだから、GW前半はこの作業に費やされることだろう。
Dscn6990


| | コメント (0)

トップケース変更 ~SHAD SH45取付と収納力

「キャンプ道具が一式収まるトップケースの価格は?」とリサーチしてたら、あっさりと爆安を見つけてしまった。
今のは32Lだが、今度は45Lの¥9,000。
スペインのメーカーSHADのSH45である。

取り付けは、EYECASEとあまり変わらない。
クランプ場所(≒ボルトの締結点)をなるべく重心の外側に配置して、汎用ベースをキャリアに取り付けるだけ。
Dscn6991

Dscn6992

Dscn6993

Dscn6994

収納は「ヘルメット2個入る」と謳っているが、自分のキャンプ道具はどれだけ入るのか。、
Dscn6989
テント(ポール含む)
シュラフ(モンベル#2)
シュラフカバー
サーマレスト(半身タイプ)
コッヘル&ガスストーブ
と、一式を入れることができた。

実際には、着替えとレインウェアが必要だから、その分は不足ということになる。

| | コメント (0)

PANTOで桜ハント

ヒルメシ食ったら、自転車の時間。
遊ぶことばっか考えて、俺の人生コレで良いのか?。。。と思わなくもないが、休日と好天が重なることは稀。とりあえず走っちまおう。

押切橋のたもとに。
Dscn6928

鹿島古墳群にて。
2年前にバイクで来たところ。
Dscn6935

Dscn6945

Dscn6954

Dscn6960

江南の路地裏。
Dscn6973

出雲乃伊波比神社は、今日も静か。
Dscn6978

おっちゃんも撮りまくってます。
Dscn6983

再び押切橋。
北の空に見えるは、天気予報で言っていたにわか雨の雲か。
Dscn6985

秩父鉄道沿い、荒川の土手の上を行く。
土手の真ん中にクルマ停めたり、通り道に三脚放置の撮り鉄ウザ過ぎ。他人と同じ場所・同じ季節・同じ構図の写真撮って、何が面白いの?
Dscn6987

先刻の雲は、利根川向こうの太田方面に降ってた模様。
熊谷は、にわか雨は無事回避。

| | コメント (3)

87鞍目、拍車の使い方が予想外に難しい

記録ノートを見ると、どうやら前回でひと区切り終えたらしい。
今回から、次のステップ。

しかし、まだ内容は今までの復習。
違うのは、今日も拍車を付けたこと。

何も意識いていないと常に拍車が馬の腹に当てたままになってしまうので、足はまっすぐ向くようにと注意されるが、意識して内股にするのは難しい。そういう意味では、女の方が乗馬に向いてるのか?

拍車付けた分、馬の反応は良くなったが、足の姿勢に気を配らねばならんとは。
Dscn6919_2


| | コメント (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »