« 焼きそばと林道 | トップページ | 88鞍目、伸び悩みというほどではないけれど »

SpeedMasterの帰還

OHに出していたSpeedMasterが帰ってきた。
正規カスタマーサービスの見積承認から、丸1ヶ月を経て。

依頼した内容は
・基本的なOH
・紛失したプッシュボタンの修理
だが、保証のためにブレス(金属ベルト)交換が必須となり、見積り後2週間悩むほどの金額を請求された。

正規カスタマーサービス以外の時計修理店に依頼すれば費用は抑えられたのだろうが、クロノグラフを扱える店は少なく、信頼に足る店も知らない。
ディーラーの言い値で車検を頼んだことに似て少し悔しいが、情弱ゆえに仕方ないと諦めた。

金かけただけあって、新品同様になった。
風防の欠け傷も消えていた。自分の使った歴史も消されたことについては、少々複雑な気分。
Dscn7139

「裏蓋を交換する」とは訊いていた。
シーホース周りの、細かいハッチング状の加工がOH前と異なるように見える。
Dscn7140

その他、交換された部品。
Dscn7142

針まで交換したのか??
交換する必要あるのか??
むむむ。
Dscn7143

このSpeedMasterは廉価版だが、それでも「高いだけはあるな」と思わせるところがブレスの機能的なデザイン。
Dscn7159
画像左のSEIKOと比較すると、連結ピッチが細かく、小さいRを形づくるようになっている。
即ち、腕に容易になじむデザイン。

同梱の説明書を開くと、「オートバイの振動に注意」との記載が。
以前は、フツーに腕にはめて走ってたんだがなあ。
プッシュボタンの破損は、それも原因のひとつなのかな。
Dscn7141

|

« 焼きそばと林道 | トップページ | 88鞍目、伸び悩みというほどではないけれど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 焼きそばと林道 | トップページ | 88鞍目、伸び悩みというほどではないけれど »