« マクロで発見 | トップページ | 5回目の仕込み »

92鞍目、「手綱緩めて」の意味とは

ここのところ、同じ馬が割り当てられている。
今回で3度目か。
自分としては不満は無いが。。。
何か意図があるのだろうか。

前回「手綱を長く持ったら上手くいった」ことを書いたが、今回は「手綱短く持って」と注意される。
同じ馬なのに。

ただ今さらながら気付いたことは、両手の手綱の長さは同じにするということ。

今まで「右緩めて」と言われたときは持つ位置を変えて、長く持っていた。
「右緩めて」と言われたら、わき腹に付けていた肘を伸ばして拳を前に出せば良いのね。

うーむ。。。


馬場の片隅に咲いていた紫陽花。
紫陽花といえばこの色、でしょ。
Dscn7317


|

« マクロで発見 | トップページ | 5回目の仕込み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マクロで発見 | トップページ | 5回目の仕込み »