« 海外通販人柱  ~米メイン州Bikeman.comの場合 | トップページ | Lens,Bicycle&Coffee »

スペシャライズドFSRの復権(2)

ボトムブラケットを外した。
部品を買うのは後にして、部品を買わずに済みそうなところを進める。
Dscn7281

次は、リアディレイラー。
土とグリスが混ざって、なかなか楽しめそう。
Dscn7284
Dscn7286
Dscn7291

2個のプーリーを外すところまでしか出来なかった。
Dscn7294

ボルトは、数種類のみ。
あとはカシメのピンを多用して、バラせない。
リアディレイラーの型式は、RD-M570。
シマノのwebサイトにパーツリストがUPされているが、これで確認しても同じだ。

ディレイラーに使用されている引っ張りバネは、外観上は特別なものには見えなかった。
外してサイズと引っ張り力を測ってやれば特定し、購入することはできそうだが、今回はしない。
表面的な錆で、まだまだ使えそうだから。
Dscn7307

このインナープレートは、金ブラシをかけた後にピカールで仕上げ。
Dscn7287
Dscn7288

本体の大部分は、パーツクリーナーのノズルを突っ込み、汚れを吹き飛ばす。

パーツクリーナーが軸受けに浸透し、中途半端にグリスを溶かすことが考えられるが、そこは目を瞑った。
乾燥放置した後に、比較的浸透性の良いスプレーグリスで給油してやれば問題ないかと。

プーリーのところだけグリスを塗って組み直し、でひとまず完了。
Dscn7300

|

« 海外通販人柱  ~米メイン州Bikeman.comの場合 | トップページ | Lens,Bicycle&Coffee »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海外通販人柱  ~米メイン州Bikeman.comの場合 | トップページ | Lens,Bicycle&Coffee »