« 我が日本のベアリングはァァァアアア世界一ィィィイイイ | トップページ | SOLUS TEAM SPORTS300の電池交換 »

Time ATACのゴムブシュ自作

さて、Timeのペダルに必要なのはベアリングではなく、ゴムブシュである。
それも特殊形状の。
↓シャフトがテーパになってるので、マジメに再現しようとするとこんな形になる。
Dscn7235

素人がこんなモノは作れないので、大いに形状をはしょる。
 外径φ18
 内径φ15
 厚さ5
の、単純なゴムワッシャとして。

厚さ5mmのゴム板は持っていた。
内径は革用のφ5ハトメでひたすら抜き、外径はハサミで切り抜いた。
Dscn7232
。。。自分の工作センスに泣きたくなるが、今は機能を再現することに努めよう。

出来上がると、すぐに組んでみた。
ゴムブシュが生き残っているもう1個と比べると、ゴムの摩擦が大きい。
ただ、感触は滑らかなので、我慢できるだろう。
つーか、こんなわずかな擦動抵抗、きっと気付かないよ。特に自分の場合。
Dscn7233

|

« 我が日本のベアリングはァァァアアア世界一ィィィイイイ | トップページ | SOLUS TEAM SPORTS300の電池交換 »

コメント

>やる気のない
失礼な!
じっくりやる気はなかっただけで、ちゃっちゃとやる気はありました(笑)

投稿: そーいちろ | 2014.06.09 23:12

>外径はハサミで
わはは。
やる気の感じられない(失礼っ)工作見ました。
でもこれでOKなら問題なしですね。

投稿: Mako | 2014.06.09 13:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我が日本のベアリングはァァァアアア世界一ィィィイイイ | トップページ | SOLUS TEAM SPORTS300の電池交換 »