« ひと足だけ、みちのく(1) | トップページ | 早朝散歩 »

ひと足だけ、みちのく(2)

今日この町も、日中は30℃を軽く越えるようだ。
暑い中、歩き回る気力は無い。
白河関跡など興味はあるが、市内観光せずに早々と列車に乗った。

。。。つもりだったが、逆の下り電車に乗ってしまった。
おまけに、トイレに行きたくなった。
隣の白河駅で降りた結果、上下線共に1時間待ち。

このホームに、1時間待機。
Dscn7376

白河小峰城も、ここから見るしかない。
Dscn7377

この位置から白河駅前を眺めて、何となく推し量る。
Dscn7378

1時間後、列車が来た。
しかし、下りだ。
思いのほか大勢の乗客、しかも中学生・高校生など若い子たちが乗って行った。
郡山か福島まで行くのだろう。
あの世代にとっては、そこらへんが遊べる都会なのだ。

9:40、ようやく上り列車に乗車。
乗り継ぎがスムーズで、来たときより早く2時間ほどで小山に到着。

小山を過ぎ、久喜で東武伊勢崎線、羽生で秩父鉄道にのりかえ、熊谷に着いた。
熊谷駅に着いたときは雷雨だったが、駅ビルで遅い昼食を摂ってると雨雲は去っていた。
雨上がりの路面は、何となく嬉しい。

|

« ひと足だけ、みちのく(1) | トップページ | 早朝散歩 »

コメント

taboomさん>
椅子取りゲーム、お疲れ様(笑)

投稿: そーいちろ | 2014.08.16 07:59

さっき、そこ通って帰って来ました。(笑)

投稿: taboom | 2014.08.13 21:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひと足だけ、みちのく(1) | トップページ | 早朝散歩 »