« 99鞍目、斜め横歩き2 | トップページ | 100鞍目、視線は完全に正面に »

電池3本も使わせるって、どーゆーことなのか?

もう少しライトの話を続ける。

先日のキャンプで役目を果たしたハンディLEDライトは、ケースに亀裂が入っている。
ダイソーできまぐれに買った樹脂ケースのものだから、さもありなん。
Dscn7958

他のキャンプ道具に揉まれて、使おうとしたら粉々になっていたというのは避けたいので、別件の買物のついでに少しマシなものを買ってきた。
Dscn7957
Dscn7959

アルミケースで防雨仕様、理想の単3×1本タイプ。¥600なり。

さて、修理したとはいえ、3年前に買ったヘッドランプも次を考えておくかとぐぐると、最近のは悉く単3×3本、または単4×3本を必要とするものばかり。
ペツルパナも。GENTOSはまだあるけどamazon在庫品は消滅。

なんじゃそりゃ。
何故に、そんなに電池必要なのよ?

そこまで照度が必要なのは、職業的なヒトか夜も登るヒトでしょ。
フツーの人は、そんな照度要らないって。
単3電池1本でも、半径10~20mは歩行可能なくらい照らせる。
つーか、フツーの人は夜に行動すると事故の元。

逆に、電池3本も揃えないと使えないというのはリスク高すぎ。
1本でも確実に灯りを点せる方が、生存率(?)高いのではないか。
まずは、最低限行動できるだけの灯りを。

単3×3本が必要なシチュエーションもあるっていうのは理解できるが、単3×1本もラインナップしておくべきではないの、メーカーさん?

|

« 99鞍目、斜め横歩き2 | トップページ | 100鞍目、視線は完全に正面に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 99鞍目、斜め横歩き2 | トップページ | 100鞍目、視線は完全に正面に »