« 新潟秋キャンプ(1) | トップページ | 新潟秋キャンプ(3) »

新潟秋キャンプ(2)

明け方の冷え込みによりシュラフカバー出動、なんとか凌げた。

7:00頃、日の出。
Dscn8032

朝食は、豚ロースとチンゲン菜の炒め物。
肉料理の後は、珈琲が欲しくなる。
抽出時間を長くするために、持参した牛乳パックで漏斗を作る。
前よりマシな珈琲が出来た。
Dscn8035

夜露でびっしょりのフライシートを乾かす。
その間、読書。
昼までは、動かない予定。
Dscn8045

昼食は、昨日とは別のスーパーに買出し。
キャンプ場の近くに、昨日より全然充実したスーパーがあったのだ。
Dscn8046

今度はいわしのつみれを、ラーメンにぶち込む。
物足りないので、カキフライ追加。
Dscn8047

13:00、走行開始。
県道を伝って、走ったことのないR405を進む。
Dscn8049
Dscn8052
Dscn8053
Dscn8056
R405は深い谷の上り下りが激しい、隘路であった。
道路沿いの集落人口も少ない。
国道昇格には何があったのか、疑いの目で見たくなる道だ。

14:30、ゆくら妻有で入浴。
風呂上りにTVを見てると、キャンプ場で落ち合う予定だったT君登場。
バイクを道路からよく見える位置に停めていたので、気付いたとのこと。

彼の入浴後、R117越後田沢駅近くのスーパーで買出し。
そこからキャンプ場まで、10kmあまり。

山奥の七ツ釜キャンプ場は、完全貸切。
水道とトイレ,ベンチ&テーブルの、最低限のキャンプ場。
無料ゆえに他に客がいるかと思ったが、ファミリーキャンパーには厳しい環境のせいだろう。

夕食は、最近動画で覚えたしらす丼となめこ汁。
なめこは、地場産のものが格安だった。

いくつもの沢に囲まれたここは熊が気になったが、水の流れる音のみが聞こえる静かな夜だった。

|

« 新潟秋キャンプ(1) | トップページ | 新潟秋キャンプ(3) »

コメント

taboomさん>
中国地方って、結構クマ多いですよね。過疎のせいかと思いますが。
メニューは、スーパーで財布や気温と相談して決めます。自宅より熟考して、スーパーに居る時間が長くなりがちです。

投稿: そーいちろ | 2014.10.30 22:36

良い感じのキャンプ場ですね。この前行ってきた広島のダム湖畔ですが、キャンプ場もありましたが、クマが出たということでデイキャンプのみとなってました。キャンプぐらい安心してやりたいですね。
メニューを拝見するに、一人暮らしでも応用できるので励みになります。(笑)

投稿: taboom | 2014.10.28 07:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟秋キャンプ(1) | トップページ | 新潟秋キャンプ(3) »