« Coleman533の修理(3) | トップページ | 今年も富士の麓に »

Coleman533の修理(4)

ジェネレーターを外し、一晩塗料用うすめ液に浸けてみた。
本当はアセトンが良いらしいのだが、ホムセンには見つからず、効果が似てそうなトルエン系のうすめ液を選んだ。

あまり劇的な変化は現れなかったが、ワイヤーに固着したものが取れやすくなった。
再びスコーライトハンドパッドで磨くと、ほとんど取れた。

で、着火。
最初は赤い炎が上がったものの、すぐに燃料レバーを絞ると青い炎となり、以後開閉しても赤く燃える確率は下がった。
Dscn8012
ま、これくらいになれば実用上問題ないんぢゃないの?ということで本件は終了する。
不便&危険だから、キャンプには持っていかないけど。

|

« Coleman533の修理(3) | トップページ | 今年も富士の麓に »

コメント

taboomさん>
名前とおおよそのカタチは知ってましたが、そんなに野蛮ですか。
ジャンク品を手に入れて、イジッてみたくなりますね。

投稿: そーいちろ | 2014.10.27 23:28

綺麗にリストアできました!えらい!パチパチ。
でも、ガソリンコンロの湿った暖かさって好きなんです。ワタシ。
しかし、コールマンは安全で便利な方ですよ〜。私の使っている(使っていた?)ホエブス725というコンロはもっと音も獰猛で、日のつけ方も野蛮です。(笑)

投稿: taboom | 2014.10.25 00:07

Makoさん>
ガソリンストーブとはいやはや。。。でありました。
前室で使ったら、フライシートを黒コゲにする自信があります。

投稿: そーいちろ | 2014.10.21 21:01

復活の4連荘見ました。
ふむふむであります。
>不便&危険
確かに前室で使う時は要注意でありますね。
うみゅ。

投稿: Mako | 2014.10.21 11:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Coleman533の修理(3) | トップページ | 今年も富士の麓に »