« キャンプ用防寒着の軽量コンパクト化 | トップページ | 寝具の軽量コンパクト化 »

液漏れミニマグライトのLED化

10年ほど放置して液漏れを起こし、その後使っていないマグライトをLED化したくなった。
当然、激安に。
Dscn8070

3Vで点灯するLEDが売られているらしい。
日亜化学のNSPW300DSが、それ。
つまり単三2本で、電気的な加工(抵抗入れたり)不要。
10個セットで¥1,000なり。

↓着荷直後のテスト。問題なく発光。
Dscn8075

旧来のクリプトン電球と同じような長さに、リードを切断する。
切断後、そのままクリプトン電球と同様にマグライト本体の端子に差し込む。
Dscn8088

「よし点いた」と喜んだけど、市販LEDライトよりはるかに暗い。
Dscn8076

LEDのサイズが違うから明暗の差もやむなし、か。
Dscn8079

↓LEDマグライトとクリプトン電球の比較。
Dscn8080
Dscn8082
Dscn8085
Dscn8086

明るさは同等、照射角はLEDが狭い。
LEDは照射角20°のものを買ったから、当然。
50°のものもラインナップされているが、狭い範囲でも明るく照らしたかったから20°を選んだ。

予想以上に暗かったが、クリプトン電球と同等の明るさで電池の消費が格段に違うのはありがたい。
それに、暗いといってもキャンプに不足は無いレベル。日没後に料理したり、トイレに行ったり、とか。
読書は無理だけど、短時間地図を読むのは可能。

|

« キャンプ用防寒着の軽量コンパクト化 | トップページ | 寝具の軽量コンパクト化 »

コメント

taboomさんなら、アキバへちょっと寄るだけで安く手に入れられるでしょう。
>なんとかなるんじゃないかと
そうですね。
なんとかするように少し考えれば、なんとかなります。
趣味のキャンプに、野戦病院のような煌々とした灯りはいらんのです。

投稿: そーいちろ | 2014.11.09 14:00

私も何本かマグライト転がってるはずなので、そのままLED化できるのは朗報です。これは良いですね。
しかし、世の中明るいに越した事ないという風潮ですが、そんなに明るくなくてもなんとかなるんじゃないかと思うようになってきました。

投稿: taboom | 2014.11.08 22:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キャンプ用防寒着の軽量コンパクト化 | トップページ | 寝具の軽量コンパクト化 »