« 新潟秋キャンプ(3) | トップページ | 102鞍目、パワーバンド狭い馬 »

ハンディLEDライト・マグライト用ヘッドバンドホルダーの自作

先日修理したヘッドランプはまだ点灯は出来るが、接着剤が剥がれたようでこの先永くはないみたい。
1ヶ月前にぐだぐだ並べた不満もあり、新しくヘッドランプを買う気は起きない。

では、ハンディライトを頭に括りつけようか。
そのような品物はマグライトの純正アクセサリーとしてラインナップされていたが、今は販売されていない。社外品は$6と安価に販売されているが、日本ではチト高い。
。。。作るか。

材料はオークリーのMXゴーグルのバンドを掘り起こして、再利用する。
そのバンドに、かつてニーシンガードの補修で使った織ゴムを現物合わせで縫い付ける。
ゴムは2枚縫い付けるが、1枚はライトの軸方向に対し傾斜角を付けて縫い付けるのがポイント。。。だと思う。記憶によると純正アクセサリーは、そのような構造だったのだ。

↓完成し、LEDライトを付けてみた。
Dscn8066

↓今は使ってないけど、マグライトも装着。
Dscn8067

点灯させてみると、照射角がイマイチ。
ギリギリ使えるレベルなんだけど。
それから、材料の選定を間違えたな。嵩張りすぎだ、こりゃ。

一息入れたあと、もうひとつ作ってみることにした。
今度は織ゴムのみで。

頭に括りつける輪を作るのと、ライトの固定にもうひとつの輪を作る。
縫い付けたのは、合計3ヶ所。
そして、ライトの固定の部分は、少し大げさに45°近く角度を付けてみた。
Dscn8068
。。。何だ、こっちの方が嵩張らず30分で完成し、照射角もバッチリ決まったぢゃねーか。
しかも材料費は¥300程度。
当分、コレで行こう。

|

« 新潟秋キャンプ(3) | トップページ | 102鞍目、パワーバンド狭い馬 »

コメント

taboomさん>
私もそちらのオレンジ号が組みあがるのを見て、楽しませてもらってます。
>LLビーンの通販
をを、日本出店前だから相当昔(笑)ですね。
その頃の海外通販だと、試着も経験者のインプレもまったく無いバクチで苦労されたのですね。

投稿: そーいちろ | 2014.11.02 21:43

こういう工夫は拝見していて楽しいですね。
しかも、ファイト(? )かわ湧いてきます。(笑)
そういえば昔、その昔LLビーンの通販でアメリカからマグライトのヘッドバンドを買ったことありました。本体は同じようにゴムベルトに挟むようになってましたが、ヘッドに締めるのはマジックベルトでギューギュー締めるから頭が痛くなっちゃってヤンなっちゃいました。
(笑)

投稿: taboom | 2014.11.01 19:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟秋キャンプ(3) | トップページ | 102鞍目、パワーバンド狭い馬 »