« 水玉コロコロになりますように | トップページ | 乗り納め その2 »

105鞍目、ツーポイントで乗り納め

二人組みでレッスン。
自分の馬はよく動いてくれたけど、前を行く馬は鈍い馬みたい。
自分が上手くなったかのよう(笑)

後半、ツーポイントという乗り方を初めて教わった。
駆歩のときに腰を浮かせ、馬との接点は両方の鐙のみ。
上体は、前傾姿勢。

競馬っぽいけど、乗馬でもこんな乗り方するのか?
軽速歩以外は、すべて鞍に腰を下ろすものだと思っていた。

で、このツーポイント、とても難しい。
バランス取れなくて、腰を浮かせてられるのは数歩くらい。
数歩ですぐに尻を鞍に当ててしまい、軽速歩っぽくなってしまっている。

でも、新しい小さな、明確な目標が出来て、すっきりした。
駆歩も自分の思い通りに走れて、気持ちよく1年を終わることが出来た。
よしよし。
Dscn0183

|

« 水玉コロコロになりますように | トップページ | 乗り納め その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水玉コロコロになりますように | トップページ | 乗り納め その2 »