« 上野三碑を巡る | トップページ | ヘッドライト エンドラバーの交換とディーラーサービスの差 »

丸ごとNXR750

「マヂで??」と、書店の棚の前で立ち止まってしまった。
まさか「RACERS」にNXR750が登場するとは。
MXレーサーなら分かるけど、2輪ラリーマシンなんてニッチだからなあ。
Dscn0369
本文扉のページなんて、涙モノ。
NXRにカジバ・エレファントとHPN・BMWが並んで、紙面に黄金期復活!
はふう。。。

さて、各年式の仕様表があったので、F800GSと比較してみる。
最終89年式のパワーウェイトレシオは
75ps/196kg(燃料含まず) → 0.38
であり、F800GSと同じく「燃料16Lの90%(11kg)を加算」すると
75ps/207kg → 0.36
となる。対して、F800GSは
85ps/207kg → 0.41
であり、これだけ見ると他のロードマシン同様、F800GSも昔のレーサー以上のスペックということが、「ホントに俺が乗っていいの?」という微妙な気分にさせる。

サスも正立フォークであり、昔のレーサー用正立と今の市販車用倒立はどの程度・どのような差があるのか?ということも、興味が尽きない点だ。

今は「アドベンチャーバイクが人気」(←笑)らしいが、NC750Xを「ダートでもイケるよ♪」なんて提灯記事を書かせていないで、ホンダにもきっちりダートを走れるビッグオフを出して欲しいものである。

が、「ホンダは、ソニーになってしまうのか。本田宗一郎の精神を失った経営は負のスパイラルに」なんて記事を書かれているようでは、自分が欲しくなるバイクが現れる日は遠いのかも知れない。

|

« 上野三碑を巡る | トップページ | ヘッドライト エンドラバーの交換とディーラーサービスの差 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上野三碑を巡る | トップページ | ヘッドライト エンドラバーの交換とディーラーサービスの差 »