« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

東松山で見たガテン系の仕事ぶりは、超気持ち良かった。

TV2台&DVDレコーダー1台を捨てることになった。
TVなどは役人の言う方法で捨てれば、¥6,000超を支払う羽目になる。
それは避けたい。

小銭程度だが、買い取ってくれるという所を見つけ、行ってみた。
自宅から20km、ほとんどが片道2車線なので時間はかからずに到着。
事務所で訊ねると、奥のトラックが並んでいる列に並べと言う。

業者らしき軽トラ5,6台が並ぶ列の、最後尾に付けた。
待ち時間の間、従業員の様子を見てると、スクラップ屋にありがちな光景とは違うことに気付いた。

ひっきりなしにフォークリフトが動いている。
だらだらと歩いている者はいない。時間を惜しむように走っている。
おかしいな。こういうところは、日本人と東南アジア系外国人がダルそうに仕事をしているのに。

10分ほど待って、順番が来た。
従業員の誘導に従い、倉庫の前にクルマを止めた。
品物を渡して、¥○○で買い取りますよという説明を受ける。
この説明も、この業界にそぐわない丁寧さだ。

支払い金額を示した伝票を持って、事務所で現金を受け取るために戻ろうとしたとき、偶々近くにいた若い従業員も「ありがとうございましたあ!」と挨拶してきた。

まいったな。
ヘタな自動車ディーラーより、教育が行き届いてるではないか。
もちろん、家電量販店よりも。

買取金額は、
 13インチ液晶TV ¥400
 DVDレコーダー ¥200
だった。
ブラウン管TV1台は、古すぎて買い取り出来ず。2000年以降のものが対象とのこと。

金額はガソリン代をわずかに超えるくらいだが、納得のいかないリサイクル料金を払わずに済み、男たちの気持ちいい働き振りを見ることが出来て、足を運んだ甲斐があったというもの。

なお、買取は家電に限らず、多岐に渡る。
配布していた価格表によると、自分がいずれ捨てようと考えているバイク用バッテリーやヘルメットも含まれている。また訪れる機会がありそうだ。

| | コメント (0)

安全サンダル

捨てようとしていた安全靴を、サンダルに変えてみた。
Dscn0407

カッターで、ざっくり切る。
Dscn0408

使わない部分を開く。
魚を下ろした気分。
Dscn0409

使えそうな部分を、切り分ける。
ますます板前気分。

右端は、捨てる。
左の2点は再利用出来そうなので、保管する。
Dscn0411

履いてみたが、サンダルにしては重い。
半径5m程度しか歩かないから、構わないが。
Dscn0412

| | コメント (0)

111鞍目、前回とまったく同じ

馬もレッスンの内容も、まったく同じ。
習熟度も「少しはマシになったか」という程度のもので、特筆すべきこともなく。

| | コメント (0)

風と凍結に負けて100km散歩

バッテリー上がり防止のために、ひと走り。
R17北上したら、軽く雨。
西へ転進、神流川の河川敷で休憩。
Dscn0391

南下して、城峰山へ。
Dscn0402

北側斜面は凍結、諦めて児玉の町へ降りる。
Dscn0404
寄居で焼きソバ&フライを食し、帰宅。

昨日に続いて、埼玉北部は今日も風が強い。
走っているときはあまり気にならない風だが、停めてぼけーっとすることが出来ないのはツライ。
朝出るときは「今日は目的無く一日走るよ!」と決めたのが、100kmで挫折。

| | コメント (0)

110鞍目、クネクネ曲がりたくなる頃

この前より若干標高低いところで、少しの積雪。
到着30分前に「横殴りの雪が降った」とは、イントラ氏からの情報。
Dscn0385
今日は、3人組でレッスン。
自分の割り当て馬は蹴り癖ありなので、いちばん最後に着く。

複数人でレッスンを受けるとき、イントラ氏の目が他の生徒に向けられていると好都合だったりする。
以前指導を受けた内容を思い出し、それを実践する時間を作れるから。

今日も左右の違いによって駆歩に差が出たけど、その他の小技は特筆すべきような失態も無くクリアした、と思う。

小技というのは主に「曲がる」「加減速」に焦点を当てたものだったが、ここまで来ると思い切り狭くRのキツいスラロームとか、腕試しをしたくなってくる。
ちょうど自動車教習所のような、きゅっと詰まったようなコースを。

| | コメント (0)

猫の首輪

毎年年末に、飼い猫の首輪を買い換えている。
今回は作ってみようと決意はしたものの、1ヶ月以上放置。
雨で暇だから、手を付けてみるか。

古い首輪は、バックルの部分と鈴は再利用。
バックルは市販専用品でないと、木の枝や柵などに引っ掛かったときに外れず、首吊りになってしまうから。

ベルトの革は2枚縫い合わせを考えていたが、手間がかかり過ぎるので1枚とした。
2枚なら、縫い目がアクセントとなって見栄え良いのだが。

バックルとベルトの固定のみ、木綿の糸で縫い合わせて完成。
蝋引きした専用糸は、チトもったいないので。
Dscn0379


| | コメント (0)

109鞍目、つまずき癖のある馬で

予報の雨は降らず、曇天の下レッスン開始。
初めての馬で、右回りと左回りとでは感度が違うことに手こずった。

つまずくときもあり、「このまま駆歩続けると、また落ちるんぢゃね?」と不安だったが、何とか落ちずに済んだ。

前回同様無意識に手綱を引っ張っているようで、「やわらかく持つように」と指導を受けるも、平穏無事にレッスン終了。

| | コメント (0)

ブーツをオーダーして知った縫い針のこと

乗馬用ブーツをオーダーしようと決めた。
オーダーするなら、バイク用を頼んだときと同じように、職人が直接営んでいる店が便利だろう。
ソール交換など、修理の機会もあるだろうから。

都内の店を訪れ、採寸してもらった。
採寸して仕様を固めた後、靴作りについて話を伺った。
そのとき教えてもらったのが、猪の毛を使った縫い針である。

画像上は、既に糸を付けてある状態。
画像下は、使う前の状態。
Dscn0373

左側円内が毛根。
矢印で示したところから、縫い糸を付けてある。

金属製の針だと、構造上糸を通した穴が大きくなり、糸と革の密着性が劣るのだそうだ。
毛に縒り合わせた場合、通し穴は大きくならない。

最近の関東では豚との交配が進んでいるらしく、使用に適さない毛しか入手できないので、九州から取り寄せているという。

都会の真ん中で、こんな知識を得られるとは。。。やはり職人の店を選んで良かった。
Dscn0376

| | コメント (0)

ヘッドライト エンドラバーの交換とディーラーサービスの差

風速10m/secにも達する強風のため、土日連続でヒキコモリ。
それでもこれくらいは出来るか、と取り寄せながらも放置していたゴム部品の交換を行う。
Dscn0360
Dscn0361
左側は2008年6万kmのときに交換したが、右側は今まで耐えた。
おかげで接着剤の効いているところを剥がすのに手間取ったが、スクレーパーとパーツクリーナーでクリア。
部品価格¥600なり。

これで終わりとボンネットを閉めようとしたとき、クリップの脱落に気付く。
ラジエーターグリル(というのか知らんけど)を留めている4本のうち、2本が無い。
Dscn0362

購入した店ではなく別の店に注文しに行くと、「ああ、クリップですね。差し上げます」とその場でパチンパチンと取り付けてもらった。
Dscn0365
え、俺一見さん同然だけど良いの?
購入店ですら、きっちり¥100請求されたのに。

購入した店はサービスがイマイチ(整備だけでなく、その他も)と感じていたので、最近はなるべくこの店に来ていたのだが、やはり来て良かった。

クルマの正規ディーラーなんて、同じ地域の同じメーカーなら差は少ないと思っていたが、販売会社が違うと大きな差になるのかも知れない。

ちなみにイマイチと感じた理由は、以下の通り。
・入店しても挨拶なく、、入口前のカウンターで店長が背を向けて何かを読んでいた。
・修理を頼むも整備の手が空いてないと断られ、また別の時間に来てくださいとだけ言われた (「時間の都合を付ける」という発想が無い)。
・ベテランメカなのに、トラブルの原因が掴めなかった。というか、簡単に諦めた雰囲気。 別の店では、若いメカが時間をかけて原因を突き止めた。

| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »