« 乗馬ブーツ用シフトパッドを作った | トップページ | 読書メモ 150609 »

121鞍目、勝手に逆ドリフト

今日は何度も乗ってる馬を割り当てられたが、馬装のときに「こんな馬だったっけ?」と違和感を感じた。
少しだけ、攻撃的というか。

レッスンは3人組で行い、自分は最後尾に付けた。
駆歩のときに鞭を当てると、今までになく「イヤイヤ」をする。ヒトの子のように、首を横に激しく振るのだ。

では、鞭を控えめに脚中心で進めよう。
動きが重いながらも、少しずつ駆歩が出る。
んぢゃスピードアップ、と脚を入れると、今度は横走りしやがった。
馬体まっすぐなのに、首は先行者に向けて、脚を横に動かしている。
しかも駆歩で。

こ、これは。。。ドリフト?
いや、アウト側ではなくイン側にスライドしてるから、逆ドリフトか??

っていうかコレ、似たような動作を馬場馬術の動画で見たな。
乗り手がコントロール出来ると、その動画のようになるのか。

イントラ氏が危険と判断したのでか、一人だけで駆歩。
今度は横走りはしなくなったが、やはり連携が取りにくい。

レッスン後、イントラ氏に聞くと「最近、ヒトが嫌がることをするようになった」とのこと。
2,3年前から乗ってたはずだが、最近何があったというのだ。

|

« 乗馬ブーツ用シフトパッドを作った | トップページ | 読書メモ 150609 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乗馬ブーツ用シフトパッドを作った | トップページ | 読書メモ 150609 »