« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

arduinoはじめた

arduinoの入門用キットを買った。
ひとまずIEDインストールして、LED点滅まで。
Dscn8828


| | コメント (2)

猛暑日にアームカバー

先日出会った若いライダーは、半袖シャツにアームカバーを着用していた。
プロテクション効果はほぼゼロだろうけど、擦過傷覚悟ならこれもアリかも。

で、買ってみた。
カインズの2種類、各¥400なり。
Dscn8822

Dscn8823

Dscn8824
男性用作業着コーナーの一角に置いてあったけど、少しキツめ。
ガテン系で腕太いと着られないのではないかな。

| | コメント (0)

裏磐梯往復(2)

朝から、雨。
Dscn8805

バイクは、雨を凌げる場所に停めておくことが出来た。
Dscn8804

チェックアウト11:00まで雨が降り続いていたので、そのままホテルのレストランで昼食。
昼食後は、なるべく立ち止まらずに帰宅する予定とした。
レインウェアの脱ぎ着が面倒だし。

猪苗代湖畔に下りてきたら、雨は降っていなかった。
結局、買ったばかりのレインウェアが役立ったのは、宿からここまでの20kmのみ。
購入価格¥2,000だから、¥100/kmか。。。
Dscn8808

R49で郡山まで向かい、途中県道55号線を使って市街地を回避、そのまま南下する。
やはり山の方は、厚く黒い雲が被っている。
Dscn8810

14:30、那須の県道30号線から那須岳方面を見る。
やはり雲に覆われている。
Dscn8811

往路で走った南会津は、今日は一日雨らしい。
ホームセンターのレインウェアでは数時間で雨が染み出してくる可能性もあるし、少し暑いけど、この東側のルートで正解かも知れない。

15:30、だらだら走るトラックに捕まり、ようやく塩谷。
Dscn8813

17:00、栃木市のはずれの公民館で、トイレ拝借。
建物はキレイだし、事務員みたいな人が数名いるし、市の行政サービスも扱っているのだろうか。
とても暇そうに見え、これで食べていけるならこういう人生もアリだな、と心が弱っている今ならそう思う。
Dscn8814

19:00、自宅着。
直射日光を浴びる時間は少なく、ルート上の気温も32℃を上回らなかった模様。
鹿沼~熊谷間はクソつまらなかったが、猛暑を避けることができただけでも幸いか。

| | コメント (0)

裏磐梯往復(1)

都合を付けて、裏磐梯に一泊のみ宿を取った。
ルート的にはXRでも良いのだが、800GSで行きたい気分。
5:00、既に陽の昇った自宅を出た。

足尾を抜けたところで、小休止。
大間々からここまで、前走車無し。
さすが、平日の下り。
Dscn8770

前から気になっていた、中三依湿生園に寄った。
湿地の趣き無く、ただの空き地。
一部のガマの穂だけが、湿地であることを主張しているのみ。
湿地を維持するのは難しいのか、こういう場所は身近なところに隠れてる。
Dscn8778
Dscn8783

途中昼寝して、10:00頃田島に到着。
これも前から見たかった、旧南会津群役所を見学。
館内は建築当時の明治の歴史より、江戸時代の一揆(南山御蔵入騒動)で6名さらし首という知識を詰め込まれ、哀しくなることウケアイ。
Dscn8785
近くの鴫山城跡にも惹かれたが、暑くて登る気になれん。秋に来よう。

ヒルメシは、去年のGWに寄った只見の山六にするか。。。でも、少し遠い。
昭和村に何軒かあったはずだから、そこまで行くべ。。。と、辿り着いたのが「自家製手もみ麺」の文字が眩しい「やまか食堂」。
Dscn8787

しかし、昨夜から唐揚げ気分。
唐揚げ定食一丁!
Dscn8786

ここで、画像に写るトライアンフのライダーと同席。
1年の半分は会津に住むという彼から、面白い話をいろいろ聞かせてもらった。

店を出て、少し道を戻ってR401から県道32号線に突入。
Dscn8789
Dscn8793
平日だから道路工事や除草作業が多いものの、信号・前走車皆無の道がスバラシイ。
ゴチソウ様でした。

R252に出て、喜多方方面へ。
レインウェアを忘れてきてしまったので、柳津のコメリで急遽購入。
店を出たところで、30代の作業服の青年に「暑い中、ごくろうさまです」と声をかけられる。
いやいやゴクロウなのは仕事中のアナタでしょ、と訝しげに話を聞くと「9/5に福島復興支援ツーリングが行われ、柳津がメイン会場になる。よかったら参加してみませんか」とのこと。
じゃあ、帰ったらぐぐってみるわと5分で話は終了、再び走り出す。
Dscn8794

宿のある桧原湖までは、なるべく山を繋いで走りたい。
一旦R49に合流したあと、県道43号線でR459に向かう。

それはともかく、この地名の由来は何だ?
Dscn8795

途中、県道沿いのコンビニで水分補給。
自分が停めると、逆方向からホンダの250が滑り込んできた。
何とはなしにホンダの彼にアイスを奢り、世間話に付き合ってもらう。
自分でもこういう行動は珍しいが、何かいろいろ余裕があったのだろうな。

さて、R459である。
地図を見ると喜多方市街を通るので覚悟を決めていたが、信号や観光客のクルマにイラつくことなく、無事通過。
福島の3ケタ国道だから。。。か?

宿は、星野リゾート
縁のないところだと思っていたが、平日は予想より安かったので、予約してみたのだ。
部屋からの眺めは値段相応によくないけど、緑に囲まれ、静かで涼しい。
Dscn8797

部屋の蛇口から出るのは、猫魔ケ岳の湧き水で、夕食バイキングも地元の素材が多い。
個人的には、いぶりがっこやアスパラガスの天ぷらが嬉しい。
ひとまず満足して、就寝。

| | コメント (0)

太陽熱による高温土壌消毒

雑誌に載っていた、「太陽熱による高温土壌消毒」というのを試してみようと考えた。
1ヶ月間マルチを敷いておくだけで、雑草も抑制できるというなら楽そうだ。
Dscn8766
しかし、何も耕していない地面は固く、マルチを押さえるための土を掘り起こすのがひと苦労。
しかも記事には「透明マルチ」と書いてあるのに、黒マルチを買ってきてしまった。

とりあえず2列だけ敷いてみたが。。。予定敷地は、この2倍はあるのだ。
Dscn8765


| | コメント (0)

読書メモ 150714

「自然農法 わら一本の革命」 福岡正信

20年ほど前から存在は知っていたのだが、「読むほど農業に興味ない」と素通りしてきたが、わずかながら土いじりするようになると、もはや素通りは出来ない。
Dscn8635
「本当にやらなければならないことは何なのか」と、近代農業からそぎ落としていった結果が記されていて、それは私の「勤め人の余った時間を利用して、出来るだけ楽して収穫を得たい」という考えと一致しているが、1/3ほど哲学的な文章を著しているところが鼻につく。

農法について具体的には記されていないので、教科書としては使えない。
考え方を汲み取って、自分の作業に応用を利かせる必要がある。

著者の主張する「無農薬野菜は薬も手間も掛けないのだから、安く売って然るべき。安く売らないと広まらない」
という点は、完全に同意。
現在世の中にあふれている無農薬野菜は、余計な手間をかけてるか、利幅を取り過ぎているか、どちらかだと疑念は消えない。

| | コメント (0)

最後の群馬トレイルレイド

仕事と私事でバタバタしてたら、エントリーを締め切られてしまった。
最後の群馬トレイルレイドのエントリーを。

とりあえず様子だけ見に行こう、と集合場所の倉渕道の駅へ向かった。

R18安中から、ひと山越える。
まだ7時過ぎなので、空気がひんやり気持ちイイ。
Dscn8641
Dscn8642

道の駅に着くと、主催者とエントラント1名のみ。
集合時刻を10分過ぎた頃、全エントラント13名が集まった。
Dscn8646

少しだけ、運営サポート。
林道抜けたところで、走行の様子を撮影。
Dscn8709

CPで、主催者と合流。
エントラントの到着を待つ。
KLXの前輪を覆う、カワサキの旗がCPの目印。
Dscn8723

全員CP到着を確認したあと、道の駅で昼食。
昼食後、自分は撤収。

帰路に後半ルートの林道に寄ってみた。
路面は締まった土の上に小石を転がしたようなもので、D604だとずるずる滑る。
出発前に空気圧を1.2kg/cm^2に落としてきたのだが、あまり効果は無かった。
Dscn8743

帰りも安中経由。
但し、県道乗り継ぎで。
平地に入ると、やはり暑い。
帰宅後、気象庁の観測データを見ると、34-35℃の気温を走り抜けてきた模様。

| | コメント (0)

123鞍目、「上半身を柔らかく」ってナニをどうすりゃいいのさ?

二人組みで、レッスン。

今回、イントラ氏の指導が少ない。
前回のレッスンから3週間も間が空いた割には、上手く乗れてたようだ。
馬との相性、前を走る他の馬との相性、なんてものがあるのだろうか。

唯一の指導は、「上半身を柔らかく」。
「上体を起こして(重心を尻の上)、肩を開く」という以前の指導を意識してると、「上半身がカタい」と注意された。

どうして良いか分からんな。
聞くタイミングを逃して、レッスン終了。
今度、聞いてみよ。

| | コメント (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »