« 124鞍目、32℃の炎天下で地道に | トップページ | 125鞍目、未だ踵が下がらない »

夜走

走り出したのは、23:30。
児玉駅で停めたときは、日付が変わっていた。
Dscn8829

吉井のセーブオンで、光軸調整。
Dscn8833

R254は下仁田を過ぎると、追い着くクルマも追い着いてくるクルマもいなかった。
排気音は消え、鹿の鳴き声だけが聞こえる。
Dscn8840_2

2:00、長野県内に入る。
「鹿注意」の看板が、やたらと目に付く。
Dscn8843

3:30、上田のネカフェでひと眠り。

寝過ごして十石峠を越えたのは、8:00頃。
Dscn8861

Dscn8862
神流川を越えると、猛暑の埼玉。
陽が昇る前に帰るべきだったな。

|

« 124鞍目、32℃の炎天下で地道に | トップページ | 125鞍目、未だ踵が下がらない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 124鞍目、32℃の炎天下で地道に | トップページ | 125鞍目、未だ踵が下がらない »