« あと2時間 | トップページ | 東北越後縦断遠野行(1) »

私のテントの選び方

先日リアルで質問され、また、ネットでドヤ顔でオススメ記事を書いてるのを読んで、自分も書いてみたくなったから書く。

4年前買ったのは、プロモンテVL-23。

自分の使い方は基本バイクツーリングだが、その他のアウトドアにも幅広く使えることを基準に選んでいる。
そこで重要なのは、以下の4点。


1)雨の日の居住性
日本は雨の国だから、コレが重要。
昼間行動して、夜天気が悪くなって、疲れたカラダを休ませるときに快適に過ごせないテントなんてお金出す価値あるのか??ってハナシですよ。

具体的に居住性というのは何を示すのかというと、フライシートで作った前室と出入り口が独立していること。

つまり、確保した前室にコッヘルやブーツなどテントの中に入れたくは無い、しかし濡らしたくないものを置いたまま、容易に出入り出来るとトラブルを起こす確率はぐっと減って住みやすい。

具体例を示すと、トイレに行くときにラーメンを作ろうとしていた鍋を蹴飛ばさずに済む、とか。

↓上から見た図で説明すると、短手方向に入口があるより
Tent11
↓長手方向に入口があると、前室にモノを置いた状態で出入りしやすい。
Tent21
以上は、グランドシートの耐水性を高い次元で保持していることは前提として、の話。


2)風に強い
ドーム型が良い。山岳用なら、なお良い。
平地でも、風の強いところは多い。

むしろ、何も遮蔽物の無い海岸沿いの方が強風に出遭う可能性は高いと思う。
経験上、最強風は本州最北端の大間港だった。

そんなところにテント張る方が悪いと言われそうだが、やむを得ず張らなければならないケースは意外に多い。
地面が硬いコンクリートでも、ペグ無しで自立するドーム型ならどこでも張れる。
自分に都合の良い地形なんて、稀なのだ。

でも、モノポール型も楽しそう、と密かに羨んでいたりもする。


3)張ったときのサイズ
北海道や東北は広い平坦なキャンプ場が多いけど、その他の地域は密集した杉林の中とか階段状になっているところも多く、狭い。

無駄に広い前室のモノは、注意が必要。
張る場所に気を使うことは多い。


4)収納時のサイズ
これは、いわずもがな。
バイクは小さい収納スペースしか持てないのだから、当然中身も可能な限りコンパクトであることが望ましい。

フルパニアにして何でも放り込む、というのはスマートでなくて好かん。
バイクが動かなくなったときは、すべての荷物を自分ひとりで運べることが理想。

知恵や経験で磨かれた、最低限のパッキングは美しい。
実際、昔会ったバイク乗りはアライのエアライズを使っていて、荷姿はどこにキャンプ道具が詰まっているのかというくらいコンパクトだった。
かっこ良かったなあ。俺も、あのようなスタイルで旅したい。


以上のようなポイントを押さえると、選択肢は
・プロモンテ VLシリーズ
・アライ エアライズorトレックライズ
くらいしか無い。

最近の数千円のテントは、さすがに長旅を共にする気にはなれない。
割り切って遊ぶのは良いかも知れないが。

|

« あと2時間 | トップページ | 東北越後縦断遠野行(1) »

コメント

taboomさん>
やはりそうですよね。
逆に足から潜り込むと、頭が落ち着かなさそう。
長手方向に潜り込むのは、シュラフだけで充分です。

投稿: そーいちろ | 2015.09.23 23:27

こんにちは。私が久しぶりに買った安テントも横(長手方向)に出入り口が付いていて、なるほどこれは便利と思いました。昔持ってたICIのテントは逆だったので潜り込む感じだったので出入りの時がなんとなく無防備な感じで落ち着かない感じがしてました。頭隠して尻隠さず(笑)

投稿: taboom | 2015.09.20 06:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あと2時間 | トップページ | 東北越後縦断遠野行(1) »